豚足 かどや (なんば)

市営地下鉄「難波駅」から徒歩3分くらいの場所にある「豚足 かどや」は、その名の通り、豚足が人気のお店。

店頭のテントに書かれている字も、焼き肉・焼き鳥・ホルモン・豚足と、豚足だけ色を変えて強調している。そのくらい豚足がウリだそう。

昼間からやってます

店先はビールケースや掃除用具などが出ていて、一瞬やっているのかやっていないのかわかりませんが、昼11時からバリバリ営業中です。

明るいうちからカウンターはいっぱい

今日は休日だっけ?と思うくらい、平日の昼間から賑わうカウンター。

カウンターの中では、一番人気の豚足がグラグラ煮えています。

下ごしらえにこだわった豚足は臭みがない

みてくれからしてトロントロンな豚足(600円)。さっそくオーダーしてみたい。

席についてビールを頼むと、キャベツがつき出しで出てきた。キャベツはお替り自由なので、胸焼け対策もバッチリ。

ほどなくして、豚足と味噌ダレが出てきた!! ぬおー、豚足がブルンブルンしてる。ホカホカと立ち込める湯気が、クサくない!!

プリップリの豚足

もう、この時点でクサいとNGなのですが、かどやの豚足はクサくない。

店主によると、臭みを出さないように丁寧に仕込みを行うことが大事なのだとか。

ざく切りのねぎがたっぷり入った味噌ダレ

フォークを使って、豚足の肉をそぎ取って、ざく切りの青ネギがたっぷり入った味噌ダレにつけて食べます。

豚足を噛むと、ムチッ、プルッ、ムニュッ、トロ―――ン。

なんということでしょう。普段あまり遭遇することのない、いろいろな触感が口の中で繰り広げられます。

肉部分が少なくて味があまりしない豚足ですが、オリジナルの味噌ダレの味と豚足の食感、青ネギの歯触りなどが三位一体となって、口の中で美味しい料理に仕上がります。

コラーゲンたっぷりのスープ

次に運ばれてきたのは、豚足を煮込んだ汁で作ったスープ。

頼んだ覚えないけど??と思ったら、スープはサービスだそう!! ウヒョー!! 無料は大好物。

無料は・・・もとい、豚足はコラーゲンたっぷりの美容食としてもいいのですが、臭いが苦手だから食べない女性が多いんですよね。

かどやの豚足はクサくないので、乾燥肌で悩んでいる女子に、ぜひ食べてほしい。

翌日、お肌しっとり! 下手なエステより効果あるかも!?

東京にも女子が気軽に食べに行ける、豚足の店があるといいなぁ。

生センマイが食べられる店は滅多にない

お次はセンマイ刺し(550円)。

かどやのセンマイは、なんと「生センマイ」なんです!!

私もセンマイが大好きでいろいろなお店で食べますが、生センマイは初めて食べます。

ゴマ油と塩で頂く生センマイ

味付けはゴマ油と塩で頂きます。

あれ、普段食べているセンマイと、全然食感が違う!! シャキッ!シャキッ!とした歯ごたえが堪らない~~♪

ちなみに、豚足の味噌ダレをつけても美味しかったです。

ホルモン焼きも安くてうまい

串焼きは、まるぼ、コロロンなど聞いたことのないメニューがあり、安くて美味しいのでぜひ食べてみてくださいね。

ちなみに、このお店はノンアルコールとご飯ものの持込みOK!!

飲んだ後に、豚足のスープと買ってきたお弁当などでシメるのもアリですよ☆

【SHOP DATA】

■豚足 かどや

住所: 大阪府大阪市浪速区難波中1-4-15 南松竹マンション1F
アクセス: 市営地下鉄「難波駅」から徒歩3分(四ツ橋筋線31番出口から徒歩1分)
営業時間: 11:00~22:00くらい
定休日: 火曜日

まとめ

いかがでしたか?

地元の人がオススメする美味しい大阪のお店を3つ紹介しました。

大阪に出張、友達に会いに行くなど、カジュアルなシチュエーションに便利で美味しいおみせなので、ぜひ一度行ってみてくださいね。

 フリーライター(たまにイラストレーター)として、雑誌やWebで執筆。現在はグルメ・旅の撮影や執筆、取材を中心にお仕事をしています。元飲食店オーナーだったこともあり、調理経験を生かして料理レシピやフードコーディネートも行っています。ブログ:『牡丹餅 あんこのpoco a poco』 

「うまい肉」更新情報が受け取れます