富士フイルム、広角24mmからの光学式40倍ズームレンズを搭載したロングズームデジカメ「FinePix S8200」

2013.1.9 19:57配信

富士フイルムは、光学式40倍ズームレンズを搭載し、広角からズーム、1cmスーパーマクロなど、幅広い撮影領域を1台でカバーするロングズームデジタルカメラ「FinePix S8200」を、1月26日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

F2.9~6.5と明るい新開発のフジノン光学式40倍ズームレンズ(35mmフィルム換算で24~960mm)を搭載。最適な画像処理を行う超解像技術と組み合わせることで、さらに2倍の80倍までくっきりときれいな画像が撮影できる。強力なレンズシフト式手ブレ補正機能で、手ブレしやすい高倍率ズーム時の手ブレを大幅に抑制。12群17枚構成のレンズに非球面レンズ、EDレンズを効果的に配置することで、40倍超の高倍率ズーム時でも収差を減らしている。スーパーマクロは1cmの接写に対応する。

有効1620万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサを搭載。最高感度ISO12800での高画質・高感度撮影に対応し、暗いシーンでも明るくキレイな画像が撮影できる。AF速度は最短0.3秒、起動時間1.0秒、撮影間隔0.5秒、連写10枚/秒(最大記録枚数10枚、フル画素時)と高速性能が向上し、撮りたい瞬間を逃さず撮影できる。また、60枚/秒(最大記録枚数60枚、1280×960)、120枚/秒(最大記録枚数60枚、640×480)の超高速連写ができる。

動画は、高解像感60コマ/秒の高画質、480コマ/秒の滑らかなハイスピード動画の撮影ができる。動画撮影中の静止画の撮影も可能。撮影した動画の必要な部分だけを切り出す「動画カット」、複数回に分けて撮影した動画をつなげて1つの動画ファイルとして保存する「動画連結」など、多彩な動画加工機能でカメラ内で編集ができる。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、UHS-I規格のメディアも使用できる。電源は単3形乾電池×4本。サイズは幅122.6×高さ86.9×奥行き116.2mmで、約670g。カラーは、ブラックとホワイト。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング