富士フイルム、レンズ一体型カメラ「FUJIFILM X-S1」発売、フジノン26倍マニュアルズーム搭載

2011.11.25 18:19配信
Xシリーズ第三弾となる「FUJIFILM X-S1」

富士フイルムは、12月7日、フジノン光学26倍マニュアルズームレンズと1200万画素の2/3型「EXR CMOSセンサー」を搭載し、35mmフィルム換算で広角24mmから超望遠624mmまでの高画質撮影ができるレンズ一体型デジタルカメラ「FUJIFILM X-S1」を発売する。価格はオープンで、実勢価格は8万円前後の見込み。

「Xシリーズ」は、高級感と高画質を両立した「撮る楽しさ」を追求したコンセプトの下、これまで「X10」「X100」の2機種をリリースしてきた。Xシリーズ第三弾となる「X-S1」にも、富士フイルムのこだわりが詰まっている。

レンズには、12群17枚のうち非球面レンズを4枚、色収差を抑えるED(異常分散)ガラスを2枚使用したF2.8-5.6のフジノン光学26倍マニュアルズームレンズを採用。24mmの広角から624mmの超望遠、そして被写体に1cmまで近寄れるスーパーマクロまで、レンズ交換なしで撮影できる。高倍率ズーム時にも、新開発の手ブレ補正機構によって、高画質を保ったまま補正する。

電子ビューファインダーに0.47型の大型液晶パネルを使うことで、被写界深度やホワイトバランスなどの設定値の確認やマクロ撮影時のピント合わせを快適に行うことができる。

撮りたいシーンに応じて、センサを「高感度・低ノイズ優先」「ダイナミックレンジ優先」「高解像度優先」の三つの撮像方式に切り替えて撮影できる富士フイルム独自のEXR技術と、高感度CMOSセンサを組み合わせた2/3型 1200万画素「EXR CMOSセンサー」を搭載する。

ズームレンズの鏡胴内部に金属を採用することで、滑らかなズーミングを実現。絞りは、円形に近い自然な美しいボケ味にこだわって9枚絞り羽根を採用した。レンズ一体型なので、レンズ交換式カメラのように、レンズ着脱のときにセンサにゴミやホコリが付着する心配がない。

サイズは幅135×奥行き149mm×高さ107mmで、重さは付属バッテリ、メモリカードを含め約945g。約26MBの内蔵メモリを備え、SD/SDHC/SDXCメモリカード(UHS-I)に対応する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング