パナソニック、民生機初の裏面照射型MOSセンサ採用のデジタルビデオカメラ「HC-X920M」など3モデル

2013.1.10 22:3配信
HC-X920M

パナソニックは、デジタルハイビジョンカメラの新製品として、民生用ビデオカメラで初めて裏面照射型MOSセンサを採用した「HC-X920M」を、2月20日に発売する。また、「新・微細セル」の高感度MOSセンサを搭載する「HC-V720M」「HC-V620M」を、1月25日に発売する。

「HC-X920M」は、大型化した3基の専用センサ(トリプルセンサ)が光の3原色をそれぞれ処理して正確な色分解を行い、高い色ダイナミックレンジによって色鮮やかに描写できる「3MOSシステム」を搭載。3色のセンサのうち、グリーン(G)のセンサを上下・左右の2方向に半画素分ずらして配置してフルハイビジョンの4倍以上の高画素数で描写する「ピクセルシフト」によって、高精細記録を実現する。動画有効画素数は849万、水平解像度はフルハイビジョンで再現可能な最高の1080本で、きめ細かい映像表現ができる。MOSセンサは、光を効率よく取り込む裏面照射型で、従来モデル「HC-X900M」と比較して2倍の高感度を実現した。

35mmフィルム換算で29.8~399.2mmの光学12倍ズーム、F1.5と明るい「ライカDCレンズ」を搭載。超解像技術によって、さらにiAズーム25倍に対応する。レンズには、超低屈折率の薄膜を表面に形成して光の乱反射を抑える独自の「ナノサーフェスコーティング」を施し、ゴースト・フレアを低減するとともに、抜けのよいクリアな描写を可能にする。

手ブレ補正は、「5軸ハイブリッド手ブレ補正」に加えて、新たに本体の静的な傾きを検出するセンサで水平方向の傾きを検知し、傾きを抑えた映像に補正する。通常アングルでの傾きを自動で補正し、違和感のない映像を撮ることができる。

このほか、無線LAN機能を利用してUstreamでインターネットライブ配信ができ、動画を中継しながらのフルハイビジョンでの記録にも対応する。ライブ配信はPCやタブレット端末、「ビエラ」などのインターネット接続に対応した大型テレビで視聴でき、事前に登録したメールアドレスにライブ配信開始のお知らせメールを発信することもできる。

無料の専用アプリ「Panasonic Image App」をインストールすれば、スマートフォンをライブビューリモコンとして使うことができる。本体から離れた場所で、カメラ映像をスマートフォンの画面で確認しながらリモート操作で撮影が可能で、ヘッドホンで音を確認しながら撮影することもできる。

見どころシーンだけを自動的に選んで編集する「ムービースライドショー」機能を備え、編集した動画のSNSへのアップロードにも対応している。対応OSは、Android 2.2~4.0、iOS 4.3~6.0。

内蔵メモリは64GBで、SDXC/SDHC/SDカードにも対応する。サイズは幅67.0×高さ72.0×奥行き150.0mmで、重さは約420g。価格はオープンで、実勢価格は14万円前後の見込み。

「HC-V720M」「HC-V620M」は、「新・微細セル」の高感度MOSセンサを採用。材質を変更することで、光を取り込む量を増やして、高感度・高解像度を実現した。水平解像度は1080本で、きめ細かい映像表現に対応する。

光学系には、二つのレンズ群を制御するマルチアクチュエータレンズシステムを採用し、小型化と光学ズームの高倍率化を両立している。35mmフィルム換算で28.0~729.6mmの光学21倍ズームで、iAズームは50倍。手ブレ補正は、「HC-X920M」同様、「5軸ハイブリッド手ブレ補正」と傾き補正機能を備える。

無線LAN機能を利用してUstreamによるライブ動画配信に対応。「Panasonic Image App」にも対応し、スマートフォンをライブビューリモコンとして使うことができる。さらに、NFC(近距離無線通信)に対応。アプリから簡単にNFC対応スマートフォンやFeliCa対応スマートフォンとのWi-Fi接続ができる。

バッテリは、連続撮影時間約3時間15分(HA/HG/HEモード時)の大容量バッテリが付属する。専用機器の上に置くだけで充電できる「Qi(チー)」に対応する。対応メディアはSDXC/SDHC/SDカード。

「HC-V720M」は、64GBの内蔵メモリを搭載。サイズは幅60.1×高さ69.3×奥行き145.5mmで、重さは約280g。カラーはブラック、ブラウンの2色。価格はオープンで、実勢価格は10万円前後の見込み。

「HC-V620M」は、32GBの内蔵メモリを搭載。サイズは幅60.1×高さ69.3×奥行き126.0mmで、重さは約278g。カラーはブラウン、シルバーの2色。価格はオープンで、実勢価格は8万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング