I・Oデータ、DTCP+対応の「HVL-Aシリーズ」などハイビジョンレコーディングHDD「RECBOX」2機種5モデル

2013.1.16 18:9配信
HVL-Aシリーズ

アイ・オー・データ機器は、ハイビジョンレコーディングHDD「RECBOX」シリーズの新製品として、DTCP+技術を利用したリモートアクセスに対応する「HVL-Aシリーズ」を2月下旬に、「DiXiM Digital TV」が付属する「HVL-AVDTシリーズ」を2月上旬に発売する。

「HVL-Aシリーズ」は、2012年1月に「DTLA(Digital Transmission Licensing Administrator)」が新たに策定したDTCP+規格に対応。著作権が保護されたデジタルハイビジョン番組を録画して、インターネット経由で外出先から再生できる。外出先からの再生には、無料でダウンロード提供するリモート視聴ソフト「DiXiM Digital TV 2013 for I-O DATA」を使用する。

新たに備えたダウンロードムーブ機能で、ネットワークレコーダー「nasne」に録画した番組のダビングに対応。無料の専用アプリ「Magical Finder」を使えば、スマートフォンやタブレット端末からムーブ・ダビングやタイトル変更などの操作ができる。

従来の「RECBOX」シリーズと同様に、東芝のハイビジョン液晶テレビ「REGZA」や日立のプラズマ/液晶テレビ「Wooo」、シャープの液晶テレビ「AQUOS」からのムーブ・ダビングや、「スカパー!プレミアムサービスチューナー」とLANケーブルで接続してLAN録画やLANダビングができる「スカパー!プレミアムサービスLink(録画/ダビング)」に対応する。また、DTCP-IP規格対応機器に保存した番組を再生できる。

対応OSは、Windows 8(32/64ビット)/7(32/64ビット)/Vista(32ビット)/XP(32ビット)。サイズは幅215.0×高さ40.0×奥行き183.0mmで、重さは約1.2kg。税別価格は、2TBの「HVL-A2.0」が2万6400円、3TBの「HVL-A3.0」が3万4900円、4TBの「HVL-A4.0」が4万9800円。

「HVL-AVDTシリーズ」は、PCで視聴できるソフト「DiXiM Digital TV plus for I-O DATA」を収録したCD-ROMが付属し、PCにインストールすることで家中どこでも視聴できる。対応OSはWindows 8/7/Vista SP2。

「HVL-Aシリーズ」と同様、REGZA/Wooo/AQUOSからのムーブ・ダビングに対応。また、東芝のハイビジョンレコーダー「VARDIA」やブルーレイレコーダー「REGZAブルーレイ」、パナソニックのブルーレイレコーダー「ブルーレイDIGA」に、コンテンツを高速ムーブできる。

サイズは幅260.0×高さ45.1×奥行き240.0mmで、重さは約1.8kg。税別価格は、2TBの「HVL-AV2.0DT」が2万4200円、3TBの「HVL-AV3.0DT」が3万1700円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング