ソニー、望遠時の手ブレ補正効果を高めたコンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-WX200」など3機種

2013.1.16 18:10配信
Cyber-shot DSC-WX200

ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot(サイバーショット)」シリーズの新製品「DSC-WX200」「DSC-WX60」「DSC-W730」の3機種を1月25日に発売する。同時に、防水・防塵・耐衝撃・耐低温に対応したアウトドア向けモデル「DSC-TF1」も発売する。

「DSC-WX200」は、望遠撮影時の手ブレ補正効果を従来機「DSC-WX100」の約4倍に高めた光学手ブレ補正機能や、すばやくピントを合わせる高速AF(オートフォーカス)機能を搭載した高画質・高倍率ズームモデル。「WXシリーズ」として初めてWi-Fi機能を備え、スマートフォンやタブレット端末からカメラを遠隔操作して撮影する「スマートリモコン」や、撮影した写真・動画のワイヤレス転送などに対応する。

「DSC-WX200」は有効約1820万画素、「DSC-WX60」は有効約1620万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサ「Exmor R」と独自の高速画像処理エンジン「BIONZ」を搭載し、高解像度と高感度・低ノイズを両立。高画質な静止画に加え、1920×1080/60iのAVCHD形式のフルハイビジョン動画も撮影できる。また、「DSC-WX200」は光学10倍ズーム、「DSC-WX60」は光学8倍ズームの高性能ズームレンズを搭載し、さらに「全画素超解像技術」によって、「DSC-WX200」は約20倍まで、「DSC-WX60」は約16倍まで、解像感を保ったままズームアップできる。

「DSC-W730」は、簡単な操作で撮影できる有効約1610万画素、光学8倍ズームモデル。全機種、カメラまかせで撮影できる「プレミアムおまかせオート」機能や、より遠くの被写体まで明るく撮影できる「アドバンスフラッシュ」、ポートレートを簡単にレタッチして楽しめる新機能「ビューティーエフェクト」など、充実した撮影機能を備える。また、「Exmor R」を搭載した「WX200」と「WX60」は広色域の「トリルミナスカラー」に対応し、今後、発売する「トリルミナスディスプレイ」対応テレビにつなげると、撮影した写真や映像の豊かで自然な色と質感をそのまま再現する。

カラーは、「DSC-WX200」がシルバー、ブラック、ピンク、ゴールドの4色、「DSC-WX60」はブラック、ホワイト、ピンク、「DSC-W730」はシルバー、ブルー、ピンクの3色。価格はすべてオープンで、実勢価格は、「DSC-WX200」が2万8000円前後、「DSC-WX60」が2万3000円前後、「DSC-W730」が1万6000円前後の見込み。

・アウトドア向けモデル「DSC-TF1」の詳細はこちら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング