ソニー、10m防水・防塵・耐衝撃・耐低温のコンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-TF1」

2013.1.16 18:13配信
水深10mで最大60分まで撮影可能なDSC-TF1(イメージ)

ソニーは、10mの防水、防塵などに対応したコンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot DSC-TF1」を1月25日に発売する。望遠撮影時の手ブレ補正効果を従来比約4倍に高めた「DSC-WX200」など、「Cyber-shot(サイバーショット)」シリーズの新製品3機種も同時に発売する。

10m防水・防塵・1.5m耐衝撃・耐低温性能を実現し、シュノーケリングやウィンタースポーツ時などでも手軽に撮影できる有効約1610万画素、光学4倍ズームのアウトドア向けタフネスモデル。晴天でも明るく見やすい約46万ドットの2.7型液晶モニタを備え、大きな操作ボタンなど、アクティブなシーンでも使いやすいデザインを採用した。

手ブレを高精度で補正する「光学式手ブレ補正」機能のほか、カメラまかせで撮影できる「プレミアムおまかせオート」機能、より遠くの被写体まで明るく撮影できる「アドバンスフラッシュ」、ポートレートを簡単にレタッチして楽しめる新機能「ビューティーエフェクト」などを搭載する。サイズは幅102.4×高さ62.0×奥行き22.7mm、重さはバッテリ、メモリカード(メモリースティック マイクロ)込みで約152g。

カラーは、ブラック、レッド、ブルーの3色。価格はオープンで、実勢価格は、2万円前後の見込み。

・高画質ズームモデル「DSC-WX200」など3機種の詳細はこちら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング