「ONE ASIA ジョイントコンサート ジャパンプレミア2017」の模様 「ONE ASIA ジョイントコンサート ジャパンプレミア2017」の模様

10月13日東京・東京オペラシティ コンサートホールで「ONE ASIA ジョイントコンサート ジャパンプレミア2017」が開催された。

【チケット情報はこちら】

「ONE ASIA ジョイント コンサート」は、和楽器ユニット”AUN Jクラシック・オーケストラ”がアジア各国の伝統楽器奏者たちと取り組んでいる音楽文化交流プロジェクト。AUN Jクラシック・オーケストラは、東京ドームでの「君が代」演奏、伊勢神宮などでの演奏をはじめ、テレビ番組「題名のない音楽会」「にほんごであそぼ」の出演など、幅広い活動を行なっている。同公演は2013年からアジアのいろんな国や地域で開催されてきたが、今回が初の日本開催。出演はシンガポール、インドネシア、タイ、マレーシア、ベトナム、ミャンマー、ブルネイ、ラオス、カンボジア、フィリピン、中国、台湾、韓国など13の国と地域の伝統楽器演奏者と、日本のAUN Jクラシック・オーケストラによる総勢32名。使われる伝統楽器は36種類にも及ぶ。

開演時間となり、奏者たちがステージに登場。BS日テレ『ONE ASIAの道』メインテーマ曲である『大河の想い』からコンサートが始まった。次に演奏されたのはモーリル・ラベルの『Bolero』。さらに昨年のシンガポール公演のために作られた『Spirit of the Motherland』を演奏した後、「これからみなさんと一緒に旅をしてみたいと思います。音の旅です。演奏する曲は各国の民謡だったりお祝いの席で演奏する曲だったり、その国のみんなが知っている曲です。それらをリレー形式のメドレーでお届けしたいと思います」と紹介し、中国からスタートする音の旅へと観客を連れ出して行った。終着地は日本。『花』の演奏で濃密な音の旅が終了した。

後半は打楽器曲の「S.O.A『Seeds of Affinity』」からスタート。その後、山野安珠美作曲の『俺たちのブギウギ』、ラオスと日本の国交60周年を記念して石垣征山作曲の『In The Moonlight』を披露した後、日本を代表する唱歌『故郷』を演奏。そしてラストは『ONE ASIA』。2013年12月にカンボジアのアンコールワットで行われた初めての「ONE ASIAジョイントコンサート」のために井上公平が作曲した楽曲だ。曲の終盤で観客も立ち上がり、手拍子で参加し、この公演の盛り上がりも最高潮に達した。

音楽に国境はない。でも、それぞれの国の音楽には個性があり、それぞれ違った魅力がある。「ONE ASIAジョイントコンサート ジャパンプレミア2017」はそんなメッセージの詰まった公演となった。

AUN Jクラシック・オーケストラは12月28日(木)に東京・日本橋三井ホールにて公演を開催。チケットの一般発売は11月18日(土)午前10時より。なお、一般発売に先がけて、先行抽選プレリザーブを実施。受付は10月23日(月) 昼12時から11月5日(日)午後11時59分まで。

取材・文:田中隆信

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます