©2018「続・時をかける少女」製作委員会

筒井康隆の永遠の名作『時をかける少女』に、なんと別人が書いた続編が存在した!?

大林宜彦監督・原田知世主演作をはじめ、これまで幾度も映画、ドラマ、アニメ化されてきた『時をかける少女』。

SF作家・筒井康隆の代表作といわれるこの作品に、じつは続編があったのをご存知でしょうか?

じつは、1972年にNHKでドラマ化され「タイム・トラベラー」という名で放送された”時かけ”は、人気があったことから同年放送の「続・タイム・トラベラー」という続きがあったのです。この続編は脚本家・石山透が創作したもので、筒井康隆とはまったく関係がありません。

しかし、この奇想天外なSF青春物語は根強い人気があり、1978年に小説版『続・時をかける少女』として発売されたのでした。

「東宝シンデレラ」上白石萌歌が、胸が高まる思いの丈をコメント

ドラマ版は現存していないので、観ることは叶いません。そんななか、原作が復刊され、さらに初の舞台化がなされることになったのです。

主演を務めるのは上白石萌歌。第7回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞してデビュー。

今年、ミュージカル「魔女の宅急便」で主演を務め、その後も舞台「星の王子様」に出演。また現在放送中のCM「キリン 午後の紅茶」では、澄んだ歌声を披露している注目の新鋭です。

彼女は「多くの方に愛され、わたしも大好きな作品である『時をかける少女』に続編があるということを、お話をいただいてから初めて知りました」と驚きを隠せない様子。

決定後、すぐに原作を読んだとのことで、「非現実的な世界と日常との間で揺れる和子の姿に思わず背中を押してあげたくなりました。

この世界観が舞台上でどのように広がっていくのか、今から胸が高鳴ります」と感想を述べた後、「現役で制服が着られる最後の年に、この作品に出会えたことをとても嬉しく思います。

高校生である今だけの自分の感性を頼りに、和子と共に思い切り駆け抜けたいと思います!」と意気込みを語りました。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます