ソニーのワイヤレススピーカー「SRS-BTX500」「SRS-BTX300」、高音質とポータビリティを両立

2013.1.21 16:11配信
SRS-BTX500

ソニーは、高音質とポータビリティを両立したBluetooth対応ワイヤレススピーカー「X シリーズ」を、2月21日に発売する。

高い基本性能をもつきょう体設計で、薄型でも高品位な音質を奏でるBluetooth対応ワイヤレススピーカー。最大出力40Wの上位機種「SRS-BTX500」と、20Wの「SRS-BTX300」の2機種をラインアップする。NFC(近距離無線通信)でのワンタッチリスニングは、対応のスマートフォンなどをかざせば簡単にBluetoothで接続ができる。

ともにサブウーファーユニットの低域エネルギーを効果的に共振させる新開発のパッシブラジエータや、高剛性の繊維強化樹脂製フロントキャビネットによって、薄型ながらキレのよい存在感のある低域を再現する。また、音声信号をデジタル処理するフルデジタルアンプ「S-Master」で音質劣化を最小に抑え、小音量から大音量まで、どのような音量でも原音を忠実に再生する。

「SRS-BTX500」は、スピーカーとしての基本性能を追求。サテライトスピーカーに独自技術の磁性流体サスペンション構造を採用することで、スピーカーユニットとしての反応速度が向上した。また、サブウーファーユニットに高磁力ネオジウムマグネットと低域特性を向上させる形状のセンターキャップを採用。電源回路にも音質用電解コンデンサを使用する。

背面スタンドを閉じた状態のサイズは、「SRS- BTX500」が幅約385×高さ152×奥行き65㎜で、重さは約2000g。「SRS-BTX300」が幅341×高さ約115×奥行き58.5㎜で、重さは約1600g。電源は内蔵リチウムイオン充電池で、Bluetooth接続時で「SRS- BTX500」が6時間、「SRS-BTX300」が8時間使用できる。カラーは「SRS- BTX500」がブラック、「SRS-BTX300」はブラックとホワイト。価格はオープンで、実勢価格は「SRS-BTX500」が3万円前後、「SRS-BTX300」が2万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング