全品送料無料が終了したAmazonで、損せず今まで以上にお得に買う方法

「あわせ買い」の開始により、実質的に送料無料サービスの終了ではないか? という声が高まっているAmazon.co.jp。しかし、それでもAmazonからのショッピングはまだまだお得感が高いと言えるはずです。ここではそんなAmazonから賢く買うためのTipsをいくつか紹介していきます。

「あわせ買い」の開始により、実質的に送料無料サービスの終了ではないか? という声が高まっているAmazon.co.jp。しかし、それでもAmazonからのショッピングはまだまだお得感が高いと言えるはずです。ここではそんなAmazonから賢く買うためのTipsをいくつか紹介していきます。

 

Amazon.co.jpでは2012年の11月より「あわせ買い」プログラムを実施しました。これは一部の低価格商品は、発送する合計金額が2500円以上にならなければ注文できないというもの。これにより、2010年11月からはじめていた全商品を対象にした無料の通常配送サービスが終了したこととなります。さらに、一般会員のみならず、年会費3900円のプライム会員であってもこの「あわせ買い」プログラムは適応されてしまいます。むむむ……。
 

1:どんな商品が「あわせ買い」になっているの?

では具体的にどんな商品が「あわせ買い」の対象になっているのか? 調べてみました。Amazonで「あわせ買い対象」で検索すると……。

およそ400円以下の細々とした文房具、日用雑貨、食品などが検索されました。確かに送料無料とはいえ、コレを単品で頼んで大きなダンボールに梱包されてくるのはちょっと気が引ける所ではあります。しかし、低価格商品が軒並み「あわせ買い」化されているか? というと決してそうではなく、「あわせ買い」マークが付いているのはごくごく一部の商品となっているようです。こちらのモールは300円にもかかわらず、「あわせ買い」の対象外。2013年1月末の段階では、低価格にもかかわらず個別注文可能な商品の方が大多数を占めています。

よって、現時点では「送料無料終わっちゃったのか! プンスカ!」と怒る程の問題ではないように感じます。なお、プライム会員なら「まとめ買い」対象商品であっても、2500円を超える注文となれば、当日お急ぎ便(通常500円)や、お急ぎ便(通常350円)なども利用することができるため、プライムの利点はまだ失われていないと言えるでしょう。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング