ビッケブランカ、地元愛知県で初ワンマンライブを敢行

2013.1.28 16:20配信
ビッケブランカ ビッケブランカ

作詞作曲、ボーカル、ピアノ、ギター、ベースをひとりでこなす万能型のソロシンガー、ビッケブランカ。彼のワンマンライブ『! Kick-Start ! Vicke Blanka』が、12月23日に名古屋・新栄アポロシアターで行われた。驚いたのは、まだ活動を始めたばかりのニューカマーでありアルバムを引っ提げたツアーでもないのに、初ワンマンにしてチケットがソールドアウトしていたこと。彼が愛知県出身ということもあるが、全国各地からファンが駆けつけていたようで、遠い所ではなんとソウルからのファンも。開演前から会場内は期待感と静かな興奮で満ちていた。

初のワンマンツアー、しかも地元でのツアーファイナルということで、彼自身かなり緊張しているのでは?と予想していたからか、勢いよくステージに登場した彼の表情は少し硬いように見えた。ただ、1曲目からハンドマイクでファンに投げかけるように歌う姿はとにかく全身全霊。“みんなで一緒に!”という強烈な意思を感じられて、気づけば常に彼の生き生きとした表情から目が離せなくなっていた。

ピアノの彼をサポートするギター、ベース、ドラムの3人というシンプルな編成で聞かせてくれた楽曲は、ネット上で聞ける彼の音源とは違った印象だった。癖になるビート感や個性的かつポップなメロディ、変幻自在なアレンジは変わらない。だが、ドキドキとワクワクとグッとくる切なさをギュッと濃縮した、ポジティブの塊のような彼の音楽は、ライブだとさらに輝きを増していたように感じる。特に、アップテンポで弾けるような曲のアグレッシブな面は耳だけでなく全身で感じたいと思ったし、セクシーなブレスが聞こえるような静かな曲で力強く優しい歌声に全身を包みこまれる感覚は、ライブでしか味わえないと感じた。

彼のプレイヤーとしてのステージングにも驚いた。話す時の声と歌う時の声が近しい彼のスモーキーなボーカルは、身近に迫ってくる不思議な説得力がある。それだけに、サポートメンバーがいるライブでは歌にだけ集中するかと思いきや、鍵盤のプレイもアグレッシブだったのだ。ベン・フォールズを思わせる叩きつけるようなプレイや、ギターとのソロのかけ合いなど、シンガーとしてだけはなく、プレイヤーとしても惹きつけるものがあった。

中学校入学時にナメられないよう番長に挑み、痛い目にあった話をしてみたり、自らの曲を変な曲と紹介してみたり、客席に自分の妹を見つけ「妹よりも大きい声で!」とファンのコール&レスポンスを煽ってみたり。そんなMCから伝わってきた彼の屈託ない素顔もまた魅力の一つだろう。

アンコールも含めて全14曲。飾り気も照れもなく、“真剣に音楽を楽しむ”彼の一生懸命な表情にハッとさせられ、爽やかな気持ち良さを感じたライブだった。

※無料登録制会員サイト「Touch!Blanka」登録募集中!
その他、ビッケブランカに関する情報は下記公式サイトへ!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング