ビッケブランカ、初ワンマンで見せた揺るぎない音楽への自信

2013.1.28 18:00配信
ビッケブランカ ビッケブランカ

ビッケブランカが12月15日に東京・渋谷STAR LOUNGEでワンマンライブ「ビッケブランカ ワンマンサーキット“! Kick-Start ! Vicke Blanka”」を行った。

ビッケブランカは男性ソロアーティスト。クール&ホットなヴォーカル、変幻自在なコーラスワークとピアノリフを駆使した楽曲で注目を集めている。今回行われたライブは初のワンマンライブで、東名阪を周るツアーの初日だった。

初ワンマンということもあってか、会場にはこの日のライブを待ちわびたファンが大勢押し寄せていた。開演時間となり、登場SEが鳴りバンドメンバーとともに登場したビッケブランカ。序盤からアップテンポの曲を演奏し、観客の心をグッと掴む。曲によってはピアノを用いたり、ステージの前に出てきてオーディエンスを煽るなど、様々なパフォーマンスでライブを盛り上げる。

MCでは初のワンマンツアーの初日ということもあってか「なんだか目の前で自分が書いた読書感想文読まれてるみたい」と独特の表現で緊張感を伝えていた。それでも「いつもだったらここらへんで終わりなんだけど、ワンマンだからここが折り返し!」と初ワンマンに対する喜びを語るなど、およそ初めてとは思えない堂々としたステージングだった。

後半は彼の持ち味である跳ねるような楽曲の他にも、この季節にぴったりなしっとりとしたバラードも披露し、改めてビッケブランカのアーティストとしての幅の広さも見せ付けていた。また、彼をサポートするギター、ベース、ドラムの3人もバラエティに富んだ楽曲を上手く料理し、MCでの楽しそうな絡みからも伺える、連帯感の強さを感じさせた。

時に力強くピアノを弾きながら、時に前に出てオーディエンスを煽りながら。彼から発せられる魅力的な声は最後まで衰えることがなかった。ライブだからこそ味わえる彼の魅力的な歌声も、この日訪れた観客の心には大きく残っただろう。

本編が終わり、会場にアンコールが鳴り響く中、颯爽と登場した彼。様々な人への感謝の念を述べつつ「他のことは人並みちょい上くらいですけど(笑)、音楽に関しては自信持って、聞いてくれって言えるんです。それを今日は感じてくれたでしょうか」とシンガーソングライターとして不可欠な芯の強さを覗かせた。この日の演奏は勿論の事、このMCを聞いて、これからも彼を追って行きたいなと感じた人も多かったと思う。

先述した通り、初ワンマンツアーの初日という事で、もっと固いライブを想像していた。だけど、全くそんな事は無く、むしろ堂々としていて、音楽を人前でやれる喜びというのが全身で感じられるライブで、オーディエンスが明日からの活力を貰える、そんな素敵なライブであった。
※無料登録制会員サイト「Touch!Blanka」登録募集中!
その他、ビッケブランカに関する情報は下記公式サイトへ!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング