ヒロインの響を演じた広瀬すず

 映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』の公開初日舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、三木孝浩監督が登壇した。

 河原和音氏の人気少女コミック『先生!』を実写映画化した本作は、高校2年生の響(広瀬)が世界史の教師・伊藤(生田)に対して抱く、生まれて初めての恋心の行方を描く。

 この日は「今だから言える、初めての告白」というテーマでトークを展開。広瀬は、屋上での生田とのキスシーンに触れ「そのカットだけを残して、お昼ごはんに入ったのですが、カレーを食べました」と申し訳なさそうに“告白”した。

 撮影前には「もちろん歯は磨いた」としつつ、広瀬は「(メニューが)2種類あって、生田さんに『どっちを食べる?』と聞かれて『カレーを食べます』って答えたのですが、控室に戻ったらマネジャーさんに呼び出されて『本当にカレーを食べるの?』と聞かれて…」と当時の状況を説明した。

 そこで初めて「こういうシーンは、そういうことを考えなきゃいけないんだ」と気付いたといい「もしかして(生田さんは)気付いていたかもしれないけど、直接は言っていなかったので…」と改めて謝罪した。

 当時の真相を問われた生田は「全然、気付かなかったです」とあっけらかんと答えた。生田から「結構ガッツリ(食べたの)?」と聞かれた広瀬は「はい。生田さんに『広瀬すず、カレーを選ぶんだ…』と思われたかもしれないと思ってドキドキしていたけど、それなら良かったです」と胸をなでおろした。

 そんな生田は「今だから言える告白」として、「目が悪い」と回答するも、会場の微妙な空気を察知してか「本当に目が悪いの!」とアピールした。

 続けて「伊藤先生は眼鏡を掛けている役ですが、眼鏡を外したら視力0.06しかない。今はコンタクトですが、これを外したらこの距離で広瀬すずか(姉の)広瀬アリスか分からない」と具体例を挙げ、これには広瀬も「妹の方です…」と苦笑いを浮かべた。

 さらに「家では瓶底ぐらいの分厚い眼鏡を掛けている。本当に人に見せられないぐらいの“ひどい男”なんです」と強調した生田だったが、中村から「それ、今言わないと後悔すること?」と突っ込まれていた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます