© WBJ and DLE

DCヒーローをいじって本国に怒られないの?

Youは何しに東京へ? Flashアニメの「鷹の爪」とバットマン、スーパーマンら「DCスーパーヒーロー」がコラボした、映画『DC スーパーヒーローズvs鷹の爪団』が現在公開中!

11月23日に全国公開となる映画『ジャスティス・リーグ』よりも、1ヶ月先に日本上陸を果たすDCヒーロー達。

あの低予算Flashアニメ「鷹の爪」とどの様に融合しているのか? 本国に怒られないのか? あらゆる意味で全世界から注目を集めています。

この世紀のコラボについて、「鷹の爪」を生み出し、『DC スーパーヒーローズvs鷹の爪団』の監督・脚本・脚本・声優を務めているFROGMANにお話を伺ってきました。

FROGMAN

――映画拝見しまして、豪華な内容でヒーロー達の格好良さも味わえつつ、鷹の爪のシュールな面白さが活かされていたのが感激でした。

FROGMAN:ありがとうございます。最初にお話をいただいた時は驚くばかりで、正直に言うとその時の気持ちってよく覚えて無いんです(笑)。

企画がスタートしたのが2015年で、翌年はじめに作品の方向性が分かるパイロットフィルムの様な物を作ってアメリカに提出しました。

話が進んでいってトラブルが起こったりすると“予算ゲージ”が減っていくってアイデアも最初から入れていました。

アメリカ人にすごくウケたのは…

――アメリカの方にも鷹の爪のシュールな笑いが通じるんだってちょっと意外でした。

FROGMAN:予算ゲージとかはすごくウケてたみたいですね。

後は政治家とかテレビのパロディをやっている所は、もちろん分からないと思いますけど、日本のワーナーさんが「これが日本で面白いんですよ」と説明してくれたりして。

© WBJ and DLE

――では割と気を遣わずにFROGMANさん自身やりたい様に作れたと。

FROGMAN:そうですね。もちろんアメリカからの戻しとか要望はたくさんあったと思います。

でもそれを日本のワーナーさんが説得して、修正が僕の所にたくさん来ない様にしてくれていて。

アメリカから日本に依頼が来た修正や要望が10だとしたら、僕の所に来るのは1くらいという感じで、日本のワーナーさんにはすごくお世話になりました。

なぜ、DCヒーローは認知度が微妙なのか

ワーナーとDCの実写映画化プロジェクトって、クリストファー・ノーランの『ダークナイト』三部作をはじめ、映画ファンにはアツく支持されているのに、子供や女性まで広く認知度が広がっているかというと微妙じゃないですか。

重厚な世界観でシリアスすぎると言いましょうか。僕はその世界観は大好きですが、今回「鷹の爪」にお声がけいただいたのも、親しみやすいエンターテイメント、子供が楽しめる気軽さを求めているからで、ワーナーさんは「鷹の爪」の世界観を守る為に色々と動いてくださったので本当にありがたかったです。

© WBJ and DLE

山田孝之起用の裏側

――今回、声優陣もとても豪華ですよね! それぞれのキャスティングの理由を教えていただけますでしょうか?

FROGMAN:アメコミはマニア的なファンがとても多くて、変な人を起用すると絶対叩かれるじゃないですか(笑)。だから、きちんとした方にお願いしたかったというのがまずあります。

そんな時に「山田孝之がバットマンファンらしい」という話を聞いて。山田さんとはずっとお仕事してみたくて、『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』(2015年公開のFROGMAN監督作品)の時もオファーはしていたのですかスケジュールが合わなくて。

なので今回ご一緒出来て本当に嬉しかったです。でも、いざ話してみたら山田さんはそこまで『バットマン』のファンでは無かったという(笑)。

――(笑)。山田さんの声すごく素敵でしたね。

FROGMAN:僕もとても気に入っています。安田顕さんも僕と奥さんが『水曜どうでしょう』のファンだった事もあって、その言葉数は少なくても存在感が抜群な所がすごく好きでしたので、お願い出来て嬉しかったです。

知英さんは、もともとハーレイ・クインに現実味の無い透明感と可憐さを感じていたので、なかなかこれだという人が見つかりませんでした。

プロデューサーがいくつかの候補を挙げてくれて、知英さんの名前を聞いた時に「それだ!」と。実際にお会いしても透明感がありながらも、いるだけで周りを惹きつけてしまう存在感があって、この選択は正しかったと思いました。

当初、日本語だけは若干不安があったのですが、とても上手で、先日奥さんが試写を観た時も「知英さんすごく上手だったね」と言っていたので安心しました。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます