ニコン、レンズブランド「NIKKOR」80周年の記念プロモーション、第一弾は記念ロゴ

2013.1.29 17:5配信
「NIKKOR」レンズ発売80周年記念ロゴ

ニコンは、写真用レンズ「NIKKOR(ニッコール)」発売80周年を記念したプロモーションの第一弾として、長年培ってきた光学技術をベースに常に時代をリードしてきた「NIKKOR」レンズそのものをイメージしたデザインの記念ロゴを制作した。

「NIKKOR」は、ニコンの写真用レンズのブランドで、創業時の社名である日本光学工業株式会社の略称だった「日光」の英文表記「NIKKO」に、写真レンズの名称の末尾に当時よく使われていた「R」をつけて誕生。1932年に「NIKKOR」の商標登録を行い、1933年に航空写真用レンズを「Aero-Nikkor」と名づけて初めて発売した。

一眼レフカメラ用では、「ニコン F」と同時に1959年に発売した「NIKKOR-S Auto 5cm f/2」が最初の「NIKKOR」レンズで、「ニコン Fマウント」は、機械的な形状を変更することなく、最新のデジタル一眼レフカメラにも引き継がれている。2011年には、ミラーレス一眼カメラ「Nikon 1」シリーズを発売し、新たなレンズマウント「Nikon 1マウント」を開発するなど、ニコンが培ってきた光学技術と高い品質、先進技術を組み込んだレンズを積極的に拡充。2012年11月にはレンズ交換式カメラ用の「NIKKOR」レンズの累計生産本数は7500万本を達成した。

「NIKKOR」レンズは、レンズ交換式カメラだけでなく、レンズ一体型のコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」シリーズにも搭載。エントリ層からプロフェッショナルフォトグラファーまで、幅広いユーザーに愛用されている。

「NIKKOR」発売80周年を記念したロゴは、さまざまなコミュニケーションツールなどで活用する。また、今年は「NIKKOR」ブランドの強化と認知向上を目指して、さまざまなプロモーションを実施する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング