パナソニック、光学5倍ズーム搭載の薄型・軽量コンパクトデジタルカメラ「DMC-XS1」と「DMC-FH10」

2013.1.29 19:58配信
DMC-XS1

パナソニックは、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新機種として、軽量・薄型のコンパクトボディに光学5倍ズームレンズを搭載した「DMC-XS1」と「DMC-FH10」の2機種を、2月14日に発売する。

ともに、35mmフィルム換算で24~120mm相当の光学5倍ズームと、有効画素数1610万画素のCCDセンサを搭載。超解像iAズームで8倍までズームできる。

手ブレ補正機構には、光学式手ブレ補正「MEGA O.I.S.」を備え、室内などの暗い場所や手ブレが気になる望遠での撮影に対応する。撮影機能は、「人物」「マクロ」「風景」「夜景」「夜景&人物」「標準(動き認識)」「夕焼け」の七つのシーンから撮影状況を自動で判別・設定する「おまかせiAモード」を搭載している。内蔵メモリは約90MBで、対応メディアはmicroSDHC/microSDカード。

「DMC-XS1」は、撮影時に13種類のフィルター効果をかけられる「クリエイティブコントロール」と、撮影後の写真に13種類のフィルター効果をかけられる「クリエイティブレタッチ」、11種類のフィルター効果で特色あるパノラマ撮影ができる「クリエイティブパノラマ」を備える。

サイズは幅93.8×高さ53.5×奥行き17.6mmで、重さは約103g。カラーは、ホワイト、レッド、ブラックの3色。価格はオープンで、実勢価格は1万6000円前後の見込み。

「DMC-FH10」は、サイズが幅93.0×高さ54.6×奥行き18.0mmで、重さは約100g。カラーは、ピンク、シルバー、ブラックの3色。価格はオープンで、実勢価格は1万4000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング