阿部寛主演作『テルマエ・ロマエII』製作決定!

2013.1.30 12:44配信
『テルマエ・ロマエII』

昨年公開され興収59億8千万円突破の大ヒットを記録した阿部寛の主演作『テルマエ・ロマエ』の続編が2014年のGWに公開されることが決定した。

『テルマエ・ロマエII』は、古代ローマ帝国で斬新なテルマエ(浴場)を作ったことで一躍人気者となった浴場設計技師ルシウス(阿部)が、新たなテルマエ建設を命じられ、再び現代日本へとタイムスリップしてくる。そんな中、ローマ帝国は国家を二分する状況に陥っていき…。前作で“平たい顔族”として出演した上戸彩や、笹野高史、竹内力、次期皇帝ケイオニウスを演じた北村一輝や、宍戸開、市村正親ら“濃い顔”の面々も出演。さらに、追加キャストも予定されているという。監督は前作に引き続き武内英樹が務める。

阿部は「我々が“古代ローマ人”として皆さんに受け入れられ、多くの支持を得た『テルマエ・ロマエ』の続編が決定したことをうれしく思います。前作よりもはるかにスケールアップしたオープンセットを組むということで、今から撮影が待ち遠しいです。今度はどんなテルマエになるのかご期待ください」と語り、上戸は「もう出られないと思っていたのですが、前作に引き続き、平たい顔族の代表として、今回も思いっきり真実を演じさせていただきたいと思います。また、日本全国の皆さんに“温泉に入るように”くつろいでいただければと思います」とコメントしている。

原作者のヤマザキマリは「売れるとも思わずに描いた作品が去年素晴らしいキャストで映画となって公開され、それだけでも私には信じられない想いだったのですが、それが今度は続編に……阿部さんには本当にご苦労お掛けしますが、古代ローマのご加護できっとまた完成度の高い凄い作品に仕上がると確信しています。楽しみ過ぎます」と期待を寄せている。

撮影は、日本映画初となるブルガリアにて、4月から5月にかけて行なわれ、実物大のコロッセオのオープンセットを建設する予定。また、国内の温泉地でのロケも予定されている。現在、映画公式サイトでは、第1回“国民的平たい顔コンテスト”を開催。グランプリ受賞者は『テルマエ・ロマエII』に出演できる。

『テルマエ・ロマエII』
2014年GW 全国東宝系にてロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング