富士フイルム、無線LAN搭載コンパクトデジタルカメラ「FinePix Z2000EXR」、スマートフォンへの画像送信に対応

2013.1.30 20:8配信
FinePix Z2000EXR

富士フイルムは、コンパクトデジタルカメラ「FinePix」の新製品として、無線LAN機能を搭載し、写真や動画をスマートフォンに転送できる「FinePix Z2000EXR」を、3月9日に発売する。カラーは、ピンク、レッド、ホワイト、ブルーの4色。価格はオープンで、実勢価格は2万5000円前後の見込み。

35mmフィルム換算で28~140mm相当の「フジノン光学式5倍ズームレンズ」を搭載。超解像技術を組み合わせることで、デジタル10倍ズームでも美しい画像を得ることができる。

撮像素子は、1600万画素の「EXR CMOS」センサ。「プレミアムEXR AUTO」では、108パターンからシーンに合わせた撮影条件を自動設定し、あらゆるシーンで高画質な画像を撮影できる。

画像処理エンジンは、従来比2倍以上の処理速度をもつ「EXRプロセッサーII」で、最速0.19秒の高速AF(オートフォーカス)が可能。従来モデル「FinePix Z1100EXR」と比較して、起動時間を1.5秒から0.9秒に、撮影間隔を2.秒0から0.6秒に短縮した。

撮影した写真や動画をスマートフォンやタブレット端末に無線LANで送信する「スマートフォン送信」機能を備える。スマートフォン/タブレット端末対応の無料アプリ「FUJIFILM Camera Application」を使えば、カメラ内の画像を最大30枚まで一括送信できる。データ受信専用の無料アプリ「FUJIFILM Photo Receiver」も用意する。

スマートフォンだけでなく、高速赤外線通信(IrSimple/IrSS)機能を搭載した携帯電話への画像送信に対応。また、無線LANルータに接続したPCにカメラ内のデータを送信する「PC保存」機能を備える。

撮影機能として、高度なアート表現を手軽に楽しめる「アドバンストフィルター」機能を搭載。「トイカメラ」「ミニチュア」「ポップカラー」「ハイキー」「ダイナミックトーン」「パートカラー」「ローキー」「ソフトフォーカス」の8種類の効果を揃える。

レンズ脇の「自分撮りミラー」で位置を確認しながら撮影ができる。さらに、あらかじめ設定した人数の顔を認識すると自動的にシャッターを切る「自分撮りタイマー」、被写体の2人の顔の距離が近づくとシャッターを切る「恋するタイマー」など、多彩なセルフタイマー機能を備える。

多重露出や継ぎ目のない360°のパノラマ写真が撮影できる「ぐるっとパノラマ360」、4種類の色彩・階調表現を使い分けられる「フィルムシミュレーションモード」を搭載する。動画撮影機能は、毎秒60コマのフルハイビジョン動画撮影に対応している。

内蔵メモリは16MB。対応メディアは、SDXC/SDHC/SDカードで、UHS-Iカードにも対応する。サイズは幅102.7×高さ60.1×奥行き19.3mmで、重さは約169g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング