キヤノン、Wi-Fi対応で光学10倍ズーム搭載の「IXY 610F」など、コンパクトデジカメ「IXY」新製品3機種

2013.1.30 20:26配信
IXY 610F

キヤノンは、Wi-Fi対応で光学10倍ズームレンズ搭載の「IXY 610F」や、光学8倍ズーム搭載で世界最薄の「IXY 110F」など、コンパクトデジタルカメラ「IXY」シリーズ新製品3機種を、2月下旬から順次発売する。

「IXY 610F」は、35mmフィルム換算で24~240mm相当の光学10倍ズームレンズ、有効約1210万画素の高感度裏面照射型CMOSセンサ、高性能映像エンジン「DIGIC 5」を搭載することで高画質を実現。静止画撮影直前のシーンをダイジェスト動画で記録する「プラスムービーオート」機能を備え、一瞬を切り取る静止画と臨場感ある動画記録で、思い出をより鮮明に残すことができる。完成したダイジェスト動画は、Wi-FiでスマートフォンやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などにアップロードして、共有することができる。サイズは幅97.2×高さ56.4×奥行き22.5mmで、重さは約144g。カラーは、シルバー、ゴールド、ピンクの3色。

「IXY 110F」「IXY 90F」は、35mmフィルム換算で28~224mm相当の光学8倍ズームレンズ、有効約1600万画素のCCDセンサを搭載。「IXY 110F」のサイズは幅95.4×高さ56.0×奥行き20.6mmで、光学8倍ズーム搭載モデルとして世界最薄を実現した。「IXY 90F」のサイズは幅92.9×高さ52.4×奥行き21.6mm。重さは「IXY 110F」「IXY 90F」ともに約133g。カラーは、「IXY 110F」がシルバー、レッド、ピンク、「IXY 90F」がピンク、シルバー、ブルー。

3機種のうち「IXY 610F」「IXY 110F」の2機種には、Wi-Fi機能を搭載。スマートフォンやSNSなどに接続して高画質な写真を手軽に共有することができる。また、両面非球面レンズを用いることで、ズーム全域で収差を良好に補正し、高画質を実現する。倍率に応じて最適な画像処理を行う「プログレッシブファインズーム」によって、「IXY 610F」は約20倍まで、「IXY 110F」は約16倍までのデジタルズーム領域でも高い解像感を保つ。

「IXY 610F」「IXY 110F」「IXY 90F」の3機種とも、電源はリチウムイオン充電池、記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリカード。価格はオープンで、直販サイト「キヤノン オンラインショップ」での価格は、「IXY 610F」が2万7980円、「IXY 110F」が2万2980円、「IXY 90F」が1万7980円。「IXY 610F」「IXY 110F」は2月下旬、「IXY 90F」は3月中旬に発売する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング