「いつもと同じメイクにちょっと飽き飽きしているけれど、苦手だし……」、「忙しくてそこまでメイクに時間がかけられない」と、心のどこかで思っている女性は多いのではないでしょうか。

ですが、いつも女性らしく見られたいし、自分に手をかけてあげたいと思っているのも事実……!

そこで「いつものメイクアイテムをちょっと変えてみたり、新たにプラスするだけで女性らしくなれるものはあるのか!?」と思い、コスメコンシェルジュの古賀令奈さんにとっておきの方法を教えてもらいました。

1. 女性らしさをアピールできる「唇」をイメージチェンジ

男性が女性らしさを感じる部分の1つが、唇です。ぷっくりしていたり潤っていたりすると、それだけで目を引きます。

今回は、色味と潤いの2方向から印象を変える方法をお聞きしました。

口紅でリップを強調!

古賀さんによれば「唇を強調するような“口紅”の使い方をマスターしておくのがオススメです」とのこと。最近では濃いめの口紅がトレンドでもあります。

ですが、濃い口紅はハードルが高いのも事実……。そんな時にオススメなのが、グラデーションリップです。

「淡い色を全体に塗って、その次に濃い色を指でポンポンとのせていくだけなので、取り入れやすいです」と、古賀さん。

濃い色は難しそうに思えますが、ベースとして馴染み系の色を先に塗っておくだけでグッとハードルが下がるそう!

筆者は濃い口紅が苦手でしたが、ポンポン塗りしてみたところ、キレイにグラデーションリップが出来ました。かなり不器用な私でも出来たので、一度試す価値ありです!

オイルリップで、立体感のあるぷるんとした唇に

唇のツヤも、重要なポイント。グロスやオイルリップをプラスすることで、ぷるんっとした口元に変身できます。

ですが、全体塗りは油ものを食べたようなギトギト感が出てしまうもの。古賀さんに対策を聞いたところ、「中央にのせて軽くなじませるようにすると、ぽってりとしたボリューム感が出ますよ」とのこと。

実際に筆者は、古賀さんオススメの『YSL イヴ・サンローラン  ヴォリュプテ ティントインオイル (4 アイローズユー)』を試してみましたが、グロスのようにベタつかず、ストレスフリーでした。

オイルリップやグロスを、古賀さんに教えてもらった方法でやってみるだけでも印象が変わってくるので、早速日々のメイクに取り入れてみてはどうでしょうか。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます