外デートもいいけれど、雨の日や寒い日は、お部屋でDVD鑑賞でもしながら彼とゆっくり過ごすのもいいですね。

お部屋デートだと、外では見られない彼の性格や価値観、生活観などが一緒に見られ、ワクワクする気持ちとは裏腹にドキドキもするものです。

では、彼氏彼女がお互いの部屋へ行った時、気になることとはどんなことでしょうか。

部屋は「心を映す鏡」とも言われていることから、部屋の状態で心の健全度や自己管理力、そして仕事能力や金銭感覚、価値観などが、およそ判断できてしまいます。

つまり、ある程度は部屋の状態によって、結婚できる相手かどうかが分かってしまうということです。

今回は、彼氏彼女の部屋で気になる、思わずチェックしてしまうことについてランキング形式でご紹介します。

彼氏彼女の部屋で気になることは意外にも“アレ”だった!

彼氏彼女の部屋で気になることと言って、最初に思い浮かぶのが「部屋の汚さ」です。

部屋が汚いと自己管理ができない人なのか、精神的不安を抱えている人なのかなど、マイナスなイメージしか残りません。

最も気になることと思える「部屋の汚さ」ですが、それよりもお互いが気になることが他にあるのでしょうか。

そんな中、SUUMOジャーナルが全国の20~59歳までの男女各208名を対象に「恋人の部屋に行ったときについ気になってチェックしてしまうもの」について聞いたアンケート結果を発表しました。

恋人の部屋に行ったときについ気になってチェックしてしまうものは?(複数回答可)
1位:部屋のニオイ 17.3%
2位:床のホコリのたまり具合 14.2%
3位:トイレの掃除具合 12.7%
4位:本棚の本のタイトル 8.2%
4位:キッチンの散らかり具合 8.2%
6位:昔のアルバム 7.2%
7位:フィギュアなど趣味のグッズ 7.0%
7位:インテリアのセンス 7.0%
9位:飾ってある写真 5.8%
9位:玄関の散らかり具合 5.8

SUUMOジャーナル

恋人の部屋で気になり、チェックしてしまうもの。1位は意外にも「部屋のニオイ」でした。

この結果から「自分が不快だと思うニオイの中では一緒に暮らせない」「ニオイの相性は重要だ」と考えている人が多く、結婚を判断する材料となるものが「ニオイ」であることが分かりました。

2位の床のホコリのたまり具合や、3位のトイレの清掃具合、4位のキッチンの散らかり具合を抑え、1位が「ニオイ」という結果に驚いた人もいるでしょう。しかし掃除はある程度コントロールできますが、ニオイはコントロールできないという点が、掃除よりも「ニオイ」を重視する結果になったと言えます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます