<CP+2013レポート>オリンパス、ベールに包まれた「OLYMPUS PEN E-P3」の後継機を展示

2013.2.5 18:39配信
オリンパスユーザーに配られた携帯ストラップ。交換レンズもついている

オリンパスは、コンパクトデジタルカメラ「STYLUS」シリーズの新製品や、人気のミラーレス一眼「OLYMPUS PEN」シリーズを中心に展示。オリンパス製カメラを持って受付けを訪れた人にオリンパスミニチュアカメラがついたオリジナル携帯ストラップをプレゼントする催しも実施していた。

数ある新製品のなかで関心を集めていたのは、コンパクトデジタルカメラ「STYLUS XZ-10」だ。2012年9月に発売したXシリーズのフラッグシップ機「STYLUS XZ-2」より小さくなったボディサイズや、F1.8~2.7の明るいレンズなどが特徴だ。

組写真のような写真を手軽に撮ることができる「フォトストーリー」を新たに搭載。一つのシーンを複数視点から撮影して1枚の作品に組み合わせることで、日常の風景や思い出のシーンを多彩に演出できる。また、レンズ鏡筒の周囲には撮影モードを選択する「コントロールリング」を搭載し、操作性を高めた。

カメラ性能もさることながら、そのデザインも注目のポイントだ。「STYLUS XZ-10」をドレスアップするアクセサリ「シリコンジャケット」が展示された。カメラをキズや汚れから守り、持ちやすさを向上させるだけではなく、好きな色、デザインを選ぶことで自分らしさを演出することができる。同社は今後、カラーバリエーションを増やしていく計画で、ブースでは好きな色を選ぶ投票が行われていた。

このほか、ミラーレス一眼「OLYMPUS PEN E-P3」の後継機を2013年内に発売することが明らかにされた。残念ながら、ショーケースのなかに青い布を被せた状態での展示だったので、発売時期以外の情報は明らかにされなかった。

代わりに、開幕に合わせて行われたプレゼンテーションでオリンパスイメージングの杉田幸彦開発本部長が「『NEXT-E』『NEXT-OM-D』『NEXT-PEN』の技術を取り入れた『NEXT STYLUS』のフラッグシップ」になると説明した。ベールを脱ぐ日を楽しみにしたい。(BCN・山下彰子)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング