日本エイサー、「eMachines」ブランドの製品開発を終了、「Acer」ブランドに統合

2013.2.5 18:38配信

日本エイサーは、2月4日、PCのブランド「eMachines」製品の開発を終了し、「Acer」ブランドに統合すると発表した。

2007年にエイサーがeMachinesとゲートウェイを買収したことに伴い、日本市場では、09年以降、「Acer」に加えて「eMachines」「ゲートウェイ」の三つのブランドでPCを販売してきた。経営資源を集中し、成長戦略を加速することを目的に、「eMachines」ブランドの新規製品の開発を終了することを決定した。

「eMachines」は、「Acer」ブランドに統合し、ユーザーに支持される製品づくりを進める。販売中・販売済みの製品のサポート業務は継続する。「eMachinesカスタマーサービスセンター」の電話番号は、0570-064-168(IP Phone/PHS:011-330-2817)。

「eMachines」ブランドのウェブサイトには、2013年12月31日まで、販売中の製品とサポート情報を掲載する。2014年以降の掲載は、決定次第公表する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング