ドコモ、防水・クアッドコアのスマートフォン「Xperia Z SO-02E」、2月9日発売

2013.2.5 20:35配信

NTTドコモは、約5.0インチのフルHDディスプレイを搭載したソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「docomo NEXT series Xperia Z SO-02E」を、2月9日に発売する。

7.9mmの薄型フラットボディに、ピクセル密度が高く、まるで実物を見ているようなリアルで美しい1920×1080のフルHDディスプレイ「Reality Display」、コンテンツの解像度に応じて自動で最適な効果をかける「モバイルブラビアエンジン2」をはじめ、1.5GHzのクアッドコアCPU、2GBのRAM、16GBのROM(ストレージ)、2330mAhの大容量バッテリなど、最新のスペックを凝縮した。有効約1310万画素のカメラは、ソニーが世界で初めて開発した次世代裏面照射積層型CMOSイメージセンサ「Exmor RS for mobile」を採用し、明暗差が大きいシーンでもきれいな動画を撮影できる「HDRビデオ」に対応する。このほか、IPX5/7の防水・IP5Xの防塵、おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、NFC(近距離無線通信)などにも対応する。

OSはAndroid 4.1。ソニーの高音質技術を取り入れた「WALKMAN」アプリケーションを搭載し、付属のソニー製ステレオヘッドセット「MH-EX300AP」を使って、臨場感溢れるサウンドが楽しめる。また、片手でも約5.0インチの大画面を使いこなせるよう、独自の文字入力アシスト機能「POBox Touch」に、キーボードのサイズと位置を自分好みに調整できる機能を初めて搭載した。

LTEサービス「Xi(クロッシィ)」に対応。受信時(下り)最大100Mbps(北海道、東北、信越、北陸、中国、四国、沖縄の一部のみ)、送信時(上り)37.5Mbpsの速さで通信できる。

カラーは、Black、White、Purpleの3色。背面はガラス素材を採用し、ムダを排した心地よいデザインに仕上げた。サイズは高さ約139.0×幅71.0×厚さ7.9mmで、重さは約146g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング