<CP+2013レポート>シグマは中望遠レンズ一体型コンパクトデジカメ「SIGMA DP3 Merrill」を展示

2013.2.6 15:19配信
中望遠単焦点レンズを搭載した注目の「SIGMA DP3 Merrill」

シグマは、大型イメージセンサを搭載した高級コンパクトデジタルカメラ「SIGMA DPシリーズ」や交換レンズの新製品を展示した。注目は、中望遠レンズを搭載した高級コンパクトデジタルカメラ「SIGMA DP3 Merrill」だ。

35mmフィルム換算で75mm相当、F2.8の中望遠単焦点レンズを搭載。デジタル一眼レフ「SIGMA SD1 Merrill」と同じ23.5×15.7mmの大型センサを備える。有効画素数は約4600万画素で、解像感の非常に高い写真を撮影できる。

中望遠単焦点レンズの一体型というややマニアックな製品だが、背景を大きくぼかしたポートレートなどの撮影には最適。最短撮影距離は22.6cmで、被写体に寄ることもできる。

このほか、交換レンズも多数展示。芸術的表現を追求した「Art」シリーズでは、発表したばかりのミラーレス一眼カメラ用単焦点レンズ「SIGMA 19mm F2.8 DN」「SIGMA 30mm F2.8 DN」「SIGMA 60mm F2.8 DN」などの実機を揃えた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング