「合コンって年齢重視? ぶっちゃけ若ければ若い程印象がいいのかな?」なんて、自信を失くしてしまっている30代女性は少なくないのではないでしょうか?

しかし、30代には30代なりの魅力があります。

どうしたら好印象を残せるのでしょうか?

筆者の友人の合コンマスター(この一年、ほぼ週一で合コンに行ってる)に聞いてみた、30代の女性が合コンで使えるモテテクを ご紹介します!

1. 服装、メイクはシンプルでナチュラルでカジュアルに

まずは服装、メイクです。こちらはシンプルイズベスト。

色が濃い物だったり柄がきついもの、それからあからさまな露出もやめておきましょう。

遊んでそう、気が強そう、などと見られ嫌厭されてしまうかも。合コンだからといって気張らずに、大人カジュアルが一番です。

ただ、ドレスコードがあるようなお店であればカジュアルというわけにはいきませんよね。その場合は、色も露出も抑えめのものを選びましょう。

上品さを演出できればgood!

2. 会話は一歩引いて

30代にもなると、色々な飲み会を経験してきているわけですよね。

そうするとたかが合コン、場所を仕切ったり会話をリードすることなんて容易いこと! と思っている女性は多いかも。

合コンでは間違っても仕切らないでくださいね。残念ながら仕切りやの幹事タイプはなかなかモテません。

それよりも、全体の会話は一歩引いたところで眺めている様な、それでいてマンツーマンになったらしっかり個性があるような女性がモテます。

仕切りは20代の若者に任せて、大人な対応を。

3. 細やかな気遣いを

20代=若い。30代=大人。20代と30代しかいない合コンであれば位置づけはこうなります。

その場合、大人だからこその振る舞いというのが当たり前の様に期待されるわけですね。

どんなことかというと、男性の空いたグラスにしっかり気づいて「次はなにを飲まれますか? 」と聞いてあげることだったり、食べ物を取り分けてあげたり、お酒が弱そうな人のためにこっそりお水を頼んであげたり、つまらなそうにしている人に話しかけてあげたり、テーブルの周りをキレイにしていたり……。

年齢を重ねたからこその気遣いを見せられると良いですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます