東芝エルイートレーディング、音声モニタやテレビの補助スピーカーになる小型ワイヤレススピーカー「TY-WSD5」

2013.2.7 16:31配信
TY-WSD5

東芝エルイートレーディングは、音声モニタやテレビの補助スピーカーとして利用できる小型のワイヤレススピーカー「TY-WSD5」を3月15日に発売する。価格はオープンで、1万円前後の見込み。

音切れが少なく、音声がクリアな2.4GHzデジタル送受信システムを採用した小型のワイヤレススピーカー。受信側(本体A)は送信側(本体B)からの音声を常に受信し、家のなかの目の届かない場所の音声モニタとして使用できる。また、受信側(本体A)が通話ボタンを押すことで、送信側(本体B)に音声を送ることが可能。

送信側(本体B)をテレビに接続すれば、離れた場所でもテレビ音声の再生や音量調節が可能。本体A/BともにIPX4等級相当の防水仕様で、キッチンや浴室で使用できる。

送信可能距離は約30m。サイズは本体A/Bともに、幅66.0×高さ118.0×奥行き30.5mmで、重さは約100g。受信側(本体A)は通話ボタン、感度スイッチ、イヤホン端子を、送信側(本体B)はマイク・外部入力切替えスイッチ、外部入力端子(3.5mmミニジャック)を搭載する。携帯用のベルトクリップとストラップが付属する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング