望海風斗 撮影:三上富之 望海風斗 撮影:三上富之

宝塚歌劇団雪組新トップスター・望海風斗(のぞみ・ふうと)の、宝塚大劇場お披露目公演初日が近づいている。2003年に初舞台後、色濃い役まで自在にこなし、特に表現力豊かな歌唱力で魅了してきた望海が、世界的な作曲家、フランク・ワイルドホーンの全曲書き下ろしミュージカル『ひかりふる路(みち) ~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~』に主演する。望海自身、大きなギフトをもらったような感慨があるといい、「ワイルドホーンさんの『一緒にやろう』というお気持ち、温かさに感謝しています」と顔をほころばせる。

【チケット情報はこちら】

本作は無名の弁護士からフランス革命の中心人物の一人となり、恐怖政治を進めたロベスピエールの生涯を描いた物語。仲間との絆、運命的なロマンスなどを通し人類の歩むべき路を問いかける意欲作だ。「彼は弁護士でもあったので、理想のために闘う、というところがすごい人。上を目指して進むという部分は自分と似ていると思います」。

制作発表会の前にワイルドホーン氏から「感じたまま作りこまず、音楽に身を委ねて歌ってほしい」とアドバイスを受けた。「(ワイルドホーン氏のピアノ)生演奏で歌うと、どんどん心が解放され導かれるように歌えました。役についても『ひとりの熱い男が出会ってはいけない人と出会うのが、この作品のドラマティックでセクシーなところ。史実上の人物を演じる気持ちはなくてもいいんじゃないか』と仰ってくださり、とても気持ちが楽になりました」と打ち明ける。「この時代、民衆や議員も現代の想像以上のエネルギーをもって生きているからこそ、楽曲の強さが合うと思います。みんなでクリアしていこうという姿勢が、大きなエネルギーになっています」と、作品力が新生雪組の勢いにつながっている。

同時上演のレヴュー『SUPER VOYAGER! ―希望の海へ―』は、“望海風斗”の名前にまつわる場面を綴った作品。「ラテン調の中詰だけでも『ショーを観た』という満足感を覚える熱量があります。私自身大好きな、哀愁漂う男役の格好いいシーンもあり嬉しいですね」と笑顔。ただ「たくさん歌わせていただける喜びと共に、これまでの歌の量との違いに追いつけなくて。今までは1曲にとても時間をかけて作ることが出来たんですけど…」と、真面目な彼女らしい悩みも。

トップとして「自然体でいさせてくれる」という雪組。「だからこそ芯として強く立てるように、自分自身強くなりたい。いい意味で気負わずにいたいです」。キャリアを重ねた望海ならではの舞台がいよいよ幕を開ける。

公演は兵庫・宝塚大劇場にて11月10日(金)から12月15日(金)まで上演。チケットは発売中。東京宝塚劇場公演は2018年1月2日(火)から2月11日(日・祝)まで。11月26日(日)より一般発売が開始される。

取材・文:小野寺亜紀

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます