チャン・グンソク、夢の東京ドームで「オレ様だけ見ろ!」

2011.11.28 18:3配信
夢のドームに立ったチャン・グンソク (C)フラウ・インターナショナル 夢のドームに立ったチャン・グンソク (C)フラウ・インターナショナル

韓流スター、チャン・グンソクが11月26日、東京ドームで「JANG KEUN SUK 2011 THE CRI SHOW IN TOKYO DOME “THE BEGINNING”』を開催した。

チャン・グンソクのイベントの写真

10月から行われた3都市5公演を巡るアリーナツアー「JANG KEUN SUK ARENA TOUR ~ALWAYS CLOSE TO YOU~”」を大盛況の中終え、追加公演として開催された東京ドーム公演。金髪のエクステンションに、ヨーロッパ貴族を思わせる衣装の“プリンス”姿で登場したチャン・グンソクは、念願の東京ドームのステージに立ち、「広いー。グンちゃんの夢を本物にしてくれてありがとう! ウナギ(ファン)たちをプリンスワールドに招待します!」と投げキッスを大放出。4万5000人の“ウナギ”たちは大歓声をあげた。

前日の記者会見では、ドーム公演について「“プリンスが住みたいキャッスル”がテーマ。僕の好きな場所に、友達を招待して新しいステージにします」と語っていたチャン・グンソク。その言葉通り、この日は、ゆかりのあるゲストも登場。ドラマ『美男<イケメン>ですね』で共演したパク・シネをはじめ、DJのBig Brother(ビッグブラザー)や、グンソクが直接出演交渉したというヒップホップ歌手のVerbal Jint(バーバル・ジント)も登場。彼らを交え、全21曲の歌とパフォーマンスを披露した。

終盤では、自転車でドームを一周したり、気球に乗って2~3階席のファンに少しでも近づこうとする姿が見られ、エンディングで「僕は自由人。これからも、これまでやってきたように、やりたいようにやる。真心は必ず通じると思うから。グンソクの中にはみんながいる。絶対忘れないで。みんなは僕より幸せでなくちゃいけません!」と会場を埋め尽くした“ウナギ”へ熱い思いを語った。

アンコールでは『PROMISE』『Bye bye bye』を歌い、ダブル・アンコールにも応え、最後にはお得意のシャッフルダンスを披露。「オレ様だけ見ろー!」と叫び、約4時間に及ぶグンちゃんワールドの幕をとじた。

なお、同公演の模様は12月24日(土)夜8時よりWOWWOWで「チャン・グンソクスペシャル THE CRI SHOW IN TOKYO DOME THE BEGINNING」として放送予定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング