iPhoneとの連携で文書管理が最強! 話題の最新スキャナ「ScanSnap iX500」を試す

ビジネスマンの間で根強いファンを獲得しているイメージスキャナ、「ScanSnap」シリーズ。この最新機種のiX500が昨年の11月にリリースされた、ということで、一体何が新しくなったのか、実際に使用してみました。

ビジネスマンの間で根強いファンを獲得しているイメージスキャナ、ScanSnapシリーズ。この最新機種のiX500が昨年の11月にリリースされた、ということで、一体何が新しくなったのか、実際に試してみたいと思います。

ScanSnapは手で簡単に持ち運べるコンパクトなスキャナー。特徴的なのが、複数枚の書類をまとめてスピーディーに読み取ることがというところ。これにより、例えば雑誌をまるまる一冊スキャンしたり、たまった名刺をまとめてスキャンしてデータで管理したり、レシートをスキャンして支出管理をしたりと、これまでの家庭用スキャナーとは違い、より仕事や生活に密着した情報をスキャン・保存・管理ができるようになりました。

 

さっそく、今回リリースされたiX500を見ていきたいと思います。ピアノブラックを貴重としたコンパクトなボディが目を引きます。

iX500の特徴はWi-Fiネットワーク接続で、スキャンしたデータをワイヤレスにiPhoneに送信、保存できるというところ。これまではパソコンにいったんデータを保存してからiPhoneに転送していたので、iPhoneでスキャンデータを一括して管理したい人にはかなり便利な機能。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング