逃げ場なし! 映画『ジャッジ・ドレッド』緊迫の本編映像公開

2013.2.12 11:49配信
『ジャッジ・ドレッド』(C)Rena Films (PTY) Ltd. and Peach Tree Films Ltd.

英国で生まれた人気コミックを実写化したアクション映画『ジャッジ・ドレッド』の本編動画が公開された。警察と司法の機能を合体させた最強のヒーロー“ジャッジ・ドレッド”が本作で立ち向かうのは、7万5000人もの住民だ。

本編映像

本作は、英国で生まれた人気コミックを実写化したもの。1995年にシルべスター・スタローン主演で映画化されたが、本作ではキャスト・スタッフを一新した“完全リブート”作だ。舞台は核戦争によって荒廃したアメリカ。そこでは凶悪な事件が多発し、治安が最悪な状態にあるため、警察と司法の機能をあわせもつ“ジャッジ”と呼ばれる存在が治安を維持している。映画は、エリートの“ジャッジ”であるドレッドが、新人ジャッジと200階立てのスラム・アパートに実地訓練に出かける場面から始まる。

このほど公開された映像は、アパートにいた女ギャングが建物を完全閉鎖し、住民と部下たちにジャッジの抹殺を命令するシーン。天井も含めたすべての出入り口が塞がれたアパート内で、ギャングの手下たちは次々に銃をとる。ドレッドと新人ジャッジのアンダーソンは成す術もなく事態を見守ることしかできない。

映画はこの後、圧倒的な戦闘能力を誇るジャッジ・ドレッドとギャング軍団の壮絶の死闘が描かれる。四方と天井を壁に囲まれた極めて不利な状況で、ジャッジ・ドレッドはどのようにして生き延び、ギャングたちをブチのめすのか? ちなみに本作は3Dで撮影されており、日本でも劇場によってドレッドの死闘を3Dで楽しむことができる。

『ジャッジ・ドレッド』
2月16日(土) 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング