JENESIS HOLDINGS、Android 4.1搭載スティック型PC「ADH-42」、テレビやディスプレイをスマートテレビに

2013.2.12 17:22配信
ADH-42

JENESIS HOLDINGS(旧GEANEE)は、OSにAndroid 4.1を搭載したスティック型PC、HDMIスマートスティック「ADH-42」を、2月19日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は9980円前後の見込み。

Cortex-A9ベースのデュアルコアCPUを採用。1GBのメモリ、4GBの内蔵ストレージ、microSDHC/microSDカードスロットを搭載する。また、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を備えている。

HDMI出力端子を家庭用テレビやディスプレイなどのHDMI入力端子に接続することで、テレビなどをインターネットやメールなどAndroidのさまざまな機能を利用できるスマートテレビとして使える。出力解像度は最大1080p(1920×1080)。

対応ファイル形式は、動画がAVI/WMV/MPEG2/MPEG4/MKV/FLV、静止画がJPEG/BMP/PNG/GIF、音楽がWMA/MP3/WAV。「KINGSOFT Office for Android(体験版)」「KINGSOFT Mobile Security(体験版)」「KINGSOFT DATA Manager (体験版)」「KDrive for Android」「Tapnow Market」「Simeji」をプリインストールしている。

ワイヤレスマウスが付属する。サイズは幅49×高さ10×奥行き109mmで、重さは約40g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング