パナソニック、狭額縁デザインを採用した液晶テレビ「ビエラ X6シリーズ」「ビエラ C60/C6シリーズ」

2013.2.13 18:4配信
X6シリーズ

パナソニックは、狭額縁デザインの液晶テレビ「ビエラ X6シリーズ」「ビエラ C60/C6シリーズ」を3月上旬から順次する。

「X6シリーズ」「C60/C6シリーズ」とも、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載。別売のUSB接続外付けHDDへの録画に対応し、番組表から選択して録画ボタンを押すだけで予約録画ができる。狭額縁デザインによって、コンパクトなきょう体を実現した。

「X6シリーズ」は、インターネットに接続することで、映像配信サービス「アクトビラ」に対応。無線LANを内蔵し、アンテナ線がない部屋でもテレビ放送や録画番組が視聴できる「お部屋ジャンプリンク」が利用できる。

「X6シリーズ」のラインアップと実勢価格は、32V型「TH-L32X6」が6万5000円前後、24V型「TH-L24X6」が4万8000円前後の見込み。「C60シリーズ」は、50V型「TH-L50C60」が15万円前後、39V型「TH-L39C60」が8万円前後、「C6シリーズ」は32V型「TH-L32C6」が6万円前後、24V型「TH-L24C6」が4万3000円前後の見込み。「TH-L50C60」が4月下旬、そのほかは3月上旬に発売する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング