舞台「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」 舞台「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」

元・高級娼婦という過去を持ち、36歳で自らの命を絶った、カナダ生まれの女性作家、ネリー・アルカンの世界を本、映画、舞台と3か月連続で発売・公開・上演するプロジェクト、「Discover Nelly Arcan(通称:DNA)」。その最後を飾る、舞台「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」が、11月4日東京・天王洲 銀河劇場にて幕をあけた。

舞台「この熱き私の激情」チケット情報

本公演は、ネリー・アルカンの残した4編の小説をコラージュし、カナダ人の演出家マリー・ブラッサールにより舞台化したもの。出演者は、松雪泰子、小島聖、初音映莉子、宮本裕子、芦那すみれ、霧矢大夢という女優6名と、ダンサーの奥野美和という、7名だけ。その他にアンサンブルの出演はなく、彼女たちが1時間40分もの間、舞台の上でネリー・アルカンの“激情”を演じきる。

出演者が、舞台上に置かれた“部屋”(=閉鎖空間)の中にひとりずつ入り、お互い顔も見ぬまま、イヤーモニターから聞こえる音・共演者の台詞だけを頼りに演じるという斬新な演出は、これまでにない演劇体験として、話題を呼んでいる。

開幕直前会見の場にて、演出を手掛けたマリーは「お客様には詩的な表現や、インスピレーションを受けるということなど、様々なことを考えて、闇ではなく光を持ち帰って頂けたらと考えています」と、観客にメッセージを送った。

死の魅力にとりつかれているという“影の部屋の女”を担う松雪は「どこまで私達がネリーの精神を体現できるか、というところで緊張感を持って初日に臨みたい」と意気込みを述べ、記者から、女性の内面を表現している本作の男性視点での楽しみ方について問われると、「女ってこんなこと感じながら生きてるんだ、ということをただただ感じながら、観て頂ければ」と語った。「はっとしたり驚くこともあるかと思いますが、女性は本当に強く美しいので、それを感じて頂けたらと思います」(松雪)

また、非常に幼くして死んだ姉の存在にとりつかれ、家族の絆と血縁のことを語り続ける“血の部屋の女”となる霧矢は、「ネリーの心の闇、怒りや悲しみや苦しみを表現することは自分自身の闇に向き合う事にもなります。初日を迎える今でさえも、それが怖いと感じていますが、お客様の力を借りて、それをパワーに変えて、素晴しいキャストの皆様とネリーの世界を伝えていけたらと思います」と、本作が持つエネルギーと、自身の向き合い方について語った。

公演は、11月19日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場にて。その後、広島、北九州、京都、愛知を巡演予定。チケット発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます