日立マクセル、二層空間設計で豊かな音を再生するカナル型イヤホン

2013.2.14 20:34配信
カナル型イヤホン「MXH-RF500S」と「MXH-RF500」

日立マクセルは、二層空間(デュアルチャンバー)設計のカナル型イヤホン「MXH-RF500」「MXH-RF500S」を2月20日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「MXH-RF500」が6000円前後、リモコンマイクつきの「MXH-RF500S」が7000円前後の見込み。

2モデルとも、ドライバ背面の音圧エネルギーをち密にコントロールする二つの空間(チャンバー)を設けた。ユニット背面からの共振を、内部の連結通路を通して後部にあるもう一つの空間へと伝えて共振をコントロール。豊かで伸びのある低音域とクリアな中高音域を再生する。

イヤーピースは銀イオンによる抗菌仕様で、先端が細い新形状を採用。装着時の変形を抑えて装着感が安定するだけでなく、高音域がよりクリアに耳に届きやすい。S/M/Lの3サイズが付属する。

「MXH-RF500」には、L字プラグつきの90cmと30cmの延長コードが付属。携帯オーディオやスマートフォンをカバンに入れる場合は90cmの延長コードを、胸ポケットに入れる場合は30cmの延長コードを、と使用シーンに合わせて選ぶことができる。

「MXH-RF500S」には、マイクリモコンが付属し、スマートフォンにつないで手元で電話の着信応答・通話終了・音量調整ができる。クリップつきですっきりとコードを装着できる。

カラーは、「MXH-RF500」がブラック、ホワイト、レッドの3色、「MXH-RF500S」がブラック、ホワイトの2色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング