村上隆、初メガホン作『めめめのくらげ』に自信と覚悟

2013.2.15 19:55配信
村上隆氏

世界的に活躍する現代美術アーティストの村上隆氏が映画監督に挑む注目作『めめめのくらげ』のフッテージ映像が15日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでお披露目された。約10分間の映像が上映された後、村上本人が登壇し「映画という媒介を通して、これまで培った表現やエッセンスを世に問う意気込み。2年間注力した、僕なりの自信作です」とアピール。同時に「パート3まで作り、テレビシリーズ化やマルチメディア展開も考えている。向こう10年続けていく」と本シリーズへの覚悟をのぞかせた。

その他の写真

村上氏自身が10年以上温め続けてきた原案をベースに、“くらげ坊“と名づけられた不思議な生命体と、震災で父親を亡くした少年の交流を描くジュブナイルファンタジー。実力派子役の末岡拓人と浅見姫香が主演を務め、そのほか窪田正孝、染谷将太、斎藤工が演じ、鶴田真由、津田寛治らが脇を固める。本作の主題歌は人気クリエイターkzの楽曲『Last Night,Good Night』を、ヴァーチャルアイドルの初音ミクがカヴァーしたもので「海外進出を意識した結果」(村上)。

お披露目されたフッテージ映像では、少年と“くらげ坊“の出会いをはじめ、子供たちが大人には見えない“ふれんど”という謎の生物を携帯デバイスで操縦し、バトルを繰り広げるといった本作の世界観が明らかに。“ふれんど”は「子どもたちの負の感情に共鳴するエネルギー。新しいエネルギーを作る過程で生まれたという設定」だといい、「震災を機に戦後文化がゆがんだ日本で、亀裂が生じた現代人がコミュニケーションを取るための媒介者」でもあるという。震災からの復興はもちろん、「文化の衝突と融合が大きなテーマになっている」と説明した。

『めめめのくらげ』の上映時間は約100分の予定。すでに昨夏には、続編「めめめのくらげ2」の撮影も行われており、「こちら(『めめめのくらげ』)が完成したら、すぐに2のポストプロダクションに入り、来年には完成させたい」と今後の予定を明かした。

『めめめのくらげ』
4月26日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国順次ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング