KDDI、Android 4.0搭載のスティックタイプSTB「Smart TV Stick」、自宅のテレビがスマートフォンに

2013.2.19 19:58配信

KDDIと沖縄セルラーは、2月23日、Android 4.0を搭載し、インターネット上の映像サービスや、さまざまなAndroid対応アプリを家庭用テレビで楽しめるスティックタイプのSTB「Smart TV Stick」を、全国のauショップや「PiPit」などau取扱店と「auオンラインショップ」で発売する。価格はオープンで、「auオンラインショップ」での価格は9800円。

CPUにTI OMPA4430採用。1GBのメモリを搭載し、OSはAndroid 4.0.4。インターフェースは、HDMI出力×1基、microUSB×1基、microSDHC/microSDカードスロットを備えている。

IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を搭載。家庭用テレビのHDMI入力に接続することで、テレビの大画面でインターネットを利用できる。また、Android搭載スマートフォンで利用していた動画や音楽、アプリをテレビの大画面で楽しめる。無線通信機能として、Bluetooth 2.1+EDRも搭載している。

無料の専用アプリ「Smart TV Remote」で、スマートフォンやタブレット端末をリモコンとして利用でき、文字入力やスマートフォンで検索した情報のテレビへの転送などができる。

「うたパス」や「LISMO WAVE」では、スマートフォンやタブレット端末で途中まで聴いていた音楽チャンネルやFMラジオを、テレビのスピーカーで続けて聴くことができる。3月には、スマートフォンやタブレット端末で途中まで視聴していた「ビデオパス」映像の引き継ぎ視聴への対応を予定する。

テレビに表示する専用チュートリアルを見ながら初期設定を行うことができ、操作方法を学びながら簡単に利用を開始できる。無線LANの接続設定は、「HOME SPOT CUBE」の「かんたん接続」や無線LANルータのWPS機能に対応している。

幅31.0×高さ14.0×奥行き105.0mmの手のひらに収まるコンパクトなスティック型で、重さは約45g。付属するBluetooth対応の専用リモコンは、幅50.0×高さ21.5×奥行き149.0mmで、重さは約73g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング