好きな人ができると、「相手も私のことを好きになってくれたら……」と思いますよね。外向的な女性なら、積極的に相手に声をかけて交流を図りながら、なんとか相手を振り向かせようとするでしょう。

でも、性格が内気だと、声をかけるのすら億劫……。そう感じてしまう女性も多いのでは。

遠くから相手を見ているだけじゃ、ふたりの関係は変わらないもの。それでも、少しでも自分の気持ちが相手に伝われば、恋のチャンスは訪れるかもしれません。

今回は、口にしなくても相手に好意を伝える方法がないか、考えてみました。

男性を安堵させるように、優しい眼差しを送る

『目は口程に物を言う』。そのことわざ通りに、目から相手に伝わる情報は、私たちが思っている以上に多いものです。それこそ、やる気であるとか、誠意であるとかですね。

どんなにうまく言葉を並べても、相手の目を見ただけで「あ、コイツはいま嘘をついている」と分かってしまうことは、往々にしてあります。

相手の年齢が自分より上で、仕事でキャリアを積んでいる相手なら、なおさらでしょう。

ただ裏を返せば、自分の好意も目から相手に伝わる可能性があるということです。なかには相手に気持ちを悟られまいとして、わざと目を合わせなかったり、素っ気ない態度を取ってしまったりする女性もいるのでは?

相手の目を適宜見て、何ら疑うことなく包み込むように目線を送ってあげる。そうした眼差しに、男性は安堵や癒しを感じ、あなたに惹かれることも少なくないと思います。

にこやかな笑顔を向ける

よくマンガやアニメのワンシーンで、男の子がヒロインの女の子に笑顔を向けられて、ハートを射抜かれる。そんな描写を目にしたことある女性も多いのでは。

笑顔はそれだけ、人を魅力的にさせるのです。自分の好意を伝えるために、これを使わない手はないでしょう。

たとえば、相手とすれ違ったら「お疲れ様です」と笑顔を向ける。相手と目があったら「ん? なにかご用ですか?」と、笑顔をそっと向ける。

いずれも自然な行為ですし、相手の男性も迷惑とは感じづらいでしょう。特に初対面のうちは、こうした言動だけで無意識に相手への好意が強まるもの。

ほかにも、相手と話す機会があったら、気を許すように微笑んであげる。相手と居心地のいい関係を築くポイントとして、ぜひ笑顔を上手に活用してみてください。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます