スマートフォンで操作するテレビ向け映像サービス「SoftBank SmartTV」

2013.2.20 19:51配信
サービスロゴ

ソフトバンクモバイルは、専用スティックを差すだけで高画質の映像コンテンツをテレビで視聴できる「SoftBank SmartTV」を、2月21日に開始する。

当初は「SoftBank SmartTV」、略称「スマテレ」として、2012年12月上旬以降に開始する予定だった。ロゴと名称を一新した「SoftBank SmartTV」では、固定ブロードバンドインターネットサービスに接続したWi-Fi(無線LAN)環境下で、手持ちの薄型テレビのHDMI端子に専用スティックを接続すると、最大1080iの高画質で、TSUTAYA TV、UULA(ウーラ)、GyaO!、BBTV NEXT(3月中旬以降提供予定)の四つの映像サービスを楽しめる。操作は、iPhoneを含むソフトバンクモバイルのスマートフォンやタブレット端末にインストールした無料の専用リモコンアプリで行う。

ソフトバンク携帯電話取扱店か、2月21日9時以降に公開予定の専用サイト(http://ent.mb.softbank.jp/smarttv/)から申し込む。利用料金は月額490円で、申込みから2年以内に解約した場合は4750円の契約解除料が必要。専用サイトから申し込んだ場合、専用スティックは郵送で送付する。

無料動画配信サービスのGyaO!以外は、別途コンテンツ利用料金が必要。なお、2月21日から5月31日までに申し込むと、「SoftBank SmartTV」で視聴できるTSUTAYA TVでレンタルしたコンテンツ利用料金を毎月最大490円、加入月から1年間値引きする。

UULAは、2月14日にスタートしたばかりの月額定額制の音楽・映像配信サービス。ミュージックビデオやアーティストのライブ映像、カラオケなどの音楽コンテンツに加え、映画やドラマ、アニメ、UULAオリジナルコンテンツなど、6万本以上の映像コンテンツが月額490円で見放題になる。

・「SoftBank SmartTV」専用サイト(2月21日オープン予定)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング