【綾野剛】大河『八重の桜』『最高の離婚』で完全ブレイク!! デビューからの道のりを徹底解剖

2013.2.23 10:30

大河ドラマ『八重の桜』やフジテレビ系ドラマ『最高の離婚』に出演中の俳優・綾野剛。ここ1~2年は特に注目を集める出演作が続いている。これまでも、出演作に恵まれていたというだけではなく演じている役柄も幅広い。今回は、綾野剛がここまで登ってきた道のりを振り返ってみる。

綾野剛はもう完全にブレイクした、と言ってもいいかもしれない。現在は、NHKの大河ドラマ『八重の桜』で会津のお殿様・松平容保を、フジテレビ系木曜10時から放送の『最高の離婚』で真木よう子のパートナー・上原諒を演じている。ここ1~2年、注目を集める出演作が続き、なおかつ、その中にNHKの朝ドラも大河も含まれているのだから、すでに全国区と言っても過言ではないだろう。

しかも、単に出演作に恵まれていたというだけではなく、演じている役柄も幅広い。スキルを伴ってここまで登ってきた感じだ。ということで、今回は綾野剛がここまで登ってきた道のりを振り返ってみよう。

 

■ファーストインパクトは児童虐待男

『Mother』
Amazonで購入

綾野剛の俳優としてのデビューは、2003年から04年にかけてテレ朝系で放送された『仮面ライダー555』。スパイダーオルフェノクという怪人に進化した澤田亜希役だった。その後は映画の仕事が多くなり、古厩智之監督の『奈緒子』、園子温監督の『愛のむきだし』、三池崇史監督の『クローズZERO II』などにも出演している。ただ、一般的に多くの視聴者から「あれは誰だ?」と興味を持たれたのは、やはり2010年4~6月期に日テレ系で放送された『Mother』だろう。

『Mother』は、言わずと知れた芦田愛菜の出世作。母親とその恋人から虐待を受けていた小学校1年生の玲南(芦田愛菜)を、もともと渡り鳥の研究者で一時的に小学校の教師をしていた主人公の奈緒(松雪泰子)が誘拐という形で救い出す話だった。その玲南を虐待していた母親の恋人・浦上真人を演じていたのが綾野剛。真人が玲南に直接暴力を振るう虐待シーンはなかったものの、玲南に白いドレスを着させ、顔をわしづかみして赤い口紅を塗るという過激な描写もあった。そうした様子を見て、母親は玲南を汚らしいと思うようになり、玲南をゴミ袋に入れて捨ててしまうのだが、その母親を演じていたのは尾野真千子だった。綾野剛と尾野真千子は、このあと『カーネーション』でも『最高の離婚』でも共演することになる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング