バーグハンバーグバーグ通信

あまりにも自然な「お金を貸してほしい」の切り出し方

バーグハンバーグバーグの「ぜったいあたまよくなるビジネス講座」が「バーグハンバーグバーグ通信」にリニューアル! 記念すべき第1回目は、自然に言えてなおかつ「貸してあげてもいいかな」と思ってもらえる、印象の悪くない「お金を貸して!」の切り出し方をご紹介します。

長引く不況に就職難。何かと庶民の懐事情が寂しい昨今、サラ金とは行かないまでも知人にお金を借りなければ乗り切れない場面も少なくないはずです。

しかし、いかに仲の良い間柄でもお金の問題とはデリケートなもの。タイミングと言い方を誤れば「借りるために会いに来たのか!?」などと勘ぐられ、信頼を失ってしまう危険性があります。

そこで今回は、自然に言えてなおかつ「貸してあげてもいいかな」と思って貰える、印象の悪くない「お金を貸して」の切り出し方をご紹介します。

●知り合ったとき
初対面のときに「あ、この人は借りてくる人なんだ」と印象付けることで、以降のハードルがぐっと下がります。どうせ知り合うなら試してみましょう。


 


●圧倒的な力量差を見せつつ、奮起を促す感じで

反骨心を芽生えさせ、「貸したい、貸さなければならない」という錯覚を抱かせる目的があります。死闘の果てについにお金を貸すことができれば達成感もひとしおです。

バックナンバー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント