国立科学博物館の特別展「グレートジャーニー」をナオト・インティライミが歌で応援

2013.2.27 11:40配信
『グレートジャーニー 人類の旅~この星に、生き残るための物語。』 『グレートジャーニー 人類の旅~この星に、生き残るための物語。』

ナオト・インティライミが3月16日(土)より東京・国立科学博物館で開催される特別展『グレートジャーニー 人類の旅~この星に、生き残るための物語。』の応援ソングを担当する事が決定した。

3月16日(土)から6月9日(日)まで開催される特別展のタイトルでもある「グレートジャーニー」とは、イギリス人の考古学者ブライアン・M・フェイガンが名付けたもので、アフリカに生まれた人類が、世界中に拡散していった人類最大の旅路のことを示している。同展は360万年前の人類が家族で連れ立って歩いた最古の足跡化石をグレートジャーニーの象徴として位置づけ、700万年前の人類誕生から、今も地球上の様々な環境で暮らす人々の生活や文化、その知恵までを紹介する事で、「人間の生きていく強さ」を再発見し、自身の未来を考えていく科学エンタテインメントだ。

今回、同展の応援ソングを担当するナオト・インティライミは、一人で世界一周28か国を515日間かけて達成し、各地でライブを行った経験を持つ。ナオトは同展を監修する探検家の関野吉晴氏をかねてからリスペクト、自らのライブに招待する仲であることから、今回スペシャル・サポーターを務め、新曲『Unbelievable』を提供する事が決定した。

ナオトは「ナオト・インティライミにとって、このような形で、僕ら旅仲間のカリスマ、関野さんとご一緒させていただけるのはとても光栄であり嬉しいこと」と喜びのコメントを寄せている。

『Unbelievable』が使用された展覧会のテレビCMは2月26日(火)よりオンエア。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング