文具好きが集結するイベント 『東京文房具会』で世界にひとつのノートづくり

2013.3.10 17:30

文具好きの人たちが集まるイベント『東京文房具会』で、オリジナルのノートを作るワークショップに体験参加。そのもようをレポートします。

以前、ご紹介した『文具祭り』(記事「文具ファン&メーカーが選んだ!『文具祭り』で発見した最新イチオシ文具22まとめ[ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11113 ])のように、文具好きの人たちが集まるイベントが多数開催されています。

先月、twitterで「文房具に興味がある方なら詳しくなくても大歓迎です」と、ゆるーい参加者募集をしていた『東京文房具会』に参加してきましたので、レポートいたします。

この『東京文房具会』の主催者は、文具メーカーや小売店ではなく、文具とは関係ないお仕事をされている一般ユーザーの方。

twitterのハッシュタグ『#bungu』をつけて文房具についてツイートしていた人同士が、「実際に会ってお話しましょう。」と集まったのが東京文房具会の始まったきっかけだそうです。
年3回ほどの不定期開催だそうですが、毎回好評で今回で9回目。このイベントは大阪・名古屋にも飛び火し、『大阪文房具会』『名古屋文房具会』が開催されるようになりました。

今回は、サラリーマンや主婦の方、高校生や会社社長と幅広い層の文房具好き18人が参加しました。
中には、仕事ではなくプライベートで参加された文房具メーカーにお勤め方もいらっしゃいました。

会場は、新橋駅近くの生涯学習センターぱるーん。

学校の統廃合で使わなくなった小学校の校舎を改修した公共施設です。
学校の雰囲気と、文房具がとても合いますね。

 

イベントのタイムスケジュールは黒板に書かれていました。

この雰囲気も懐かしかったです。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング