ソニー、光学20倍ズームで世界最小・最軽量のコンパクトデジタルカメラ「DSC-WX300」

2013.2.27 18:58配信
Cybershot DSC-WX300

ソニーは、デジタルカメラ「Cybershot(サイバーショット)」シリーズで、光学20倍の高倍率ズームを搭載した有効約1820万画素のコンパクトデジタルカメラ「DSC-WX300」を3月15日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万3000円前後の見込み。

光学20倍の高倍率ズームを搭載したデジタルカメラとして世界最小・最軽量を実現し、フラットで高級感ある新デザインを採用した。カラーは、ブラック、ホワイト、ブラウン、ブルー、レッドの5色。発売日は、ブラックとホワイトが3月15日で、その他3色は4月5日。

望遠撮影時の光学式手ブレ補正効果を従来機「DSC-HX30V」の約2倍に高めたほか、望遠撮影時のAF(オートフォーカス)速度を約3.6倍に高速化した。1/2.3型の「裏面照射型“Exmor R”CMOSセンサー」と画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」によって、高精細でノイズの少ない写真を撮影できる。

Wi-Fi機能を搭載し、スマートフォンやタブレット端末からカメラを遠隔操作して撮影できる「スマートリモコン機能」に対応する。サイズは幅約96.0×高さ54.9×奥行き25.7mm(最薄部20.3mm)、重さは本体のみで約139g、バッテリとメモリカード込みで約166g。

また、マリンスポーツやアウトドア向けに、10m防水(IPX8相当)・防塵(IP6X相当)・1.5m耐衝撃・耐低温に対応する有効約1820万画素、光学5倍ズームのコンパクトデジタルカメラ「DSC-TX30」を4月5日に発売する。カラーは、シルバーとオレンジの2色。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

新たに最大撮影倍率15倍のマクロ撮影機能「拡大鏡プラス」機能とLEDライトを搭載し、最短1cmまで寄って撮影できる。直感的に操作できる3.3型有機ELタッチパネルを備える。サイズは幅約96.4×高さ約59.3×奥行き約15.4mm(最薄部 約14.4mm、レンズカバー除く)で、光学ズームレンズを搭載した防水対応デジタルカメラでは世界最薄。重さは本体のみで約125g、バッテリとメモリカード込みで約140g。

2機種とも、カメラまかせでキレイに撮影できる「プレミアムおまかせオート」機能や、静止画に加え、動画やパノラマも印象的に仕上げるピクチャーエフェクト機能、ポートレートを簡単にレタッチできるビューティーエフェクトなどを搭載。また、広色域の「トリルミナスカラー」に対応し、撮影した写真や映像を、今後発売予定の「トリルミナスディスプレイ」対応テレビにつなげると、豊かで自然な色と質感をそのまま再現する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング