お金を借りるなら"面倒な借り方"ほどトクをするって知ってた?

お金の「そうなんだ!」「本当?」といったいろんな知識をファイナンシャル・プランナーのヤマサキさんが紹介します。今回は「お金の借り方」のお話。どうしても借金をする必要があるとき、どこでお金を借りますか?実は面倒な借り方をすればするほど、あなたはラクになるのです。

お金の「そうなんだ!」「本当?」といったいろんな知識をファイナンシャル・プランナーのヤマサキさんが紹介します。今回は「お金の借り方」のお話。どうしても借金をする必要があるとき、どこでお金を借りますか?実は面倒な借り方をすればするほど、あなたはラクになるのです。

■どうしてもお金を借りたいときはどうすればいいか

お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーは「基本的にお金は借りるな」と説明します。個人がお金を借りてトクすることはほとんどないからです。会社がお金を借りた場合は別で、借りたお金でそれ以上の売り上げを生み出しますので、借金がビジネス上トクをすることがあります。むしろうまいタイミングで借金してビジネスを拡大することが重要です。

ところが個人の借金においては、借金以上の何かを得るチャンスがほとんどありません。バーゲンで服を買ったけど現金が足りないので「3回払いで」といえば、必ず買った額より返済額は多くなります。買った服も古着に回したところで購入価格で売れることはまずないでしょう。つまり、個人の借金はそのまま将来の負担としてのしかかるのです。

それでも、「どうしてもお金を借りる必要がある」というときが人生では何度か訪れます。そこで、やむをえずお金を借りるとき、少しでも有利にお金を借りる方法を考えてみましょう。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング