美形俳優チュ・ジンモ公式ファンクラブを設立。 4月には2年ぶりの来日イベント決定

2013.3.1 18:10配信
チュ・ジンモ  (C)Double Culture Partners CO. LTD. チュ・ジンモ  (C)Double Culture Partners CO. LTD

ヒット作『カンナさん大成功です』で主演、最新作『GABI国境の愛』でも注目を浴びる韓国の人気俳優チュ・ジンモが、日本で公式ファンクラブを設立し、それを記念して4月29日(月・祝)に2年ぶりの来日イベントとなるディナーショー「Joo Jin Mo’s Spring Dream」を開催する事が決まった。

チュ・ジンモはデビュー前、公務員を目指し日々試験勉強に明け暮れていた中、スカウトをうけ芸能界デビュー。出演したドリンク飲料のCMで「もうひとゲームする?」というセリフが流行語として大きな話題になる。瞳が印象的な「花美男(イケメン)」の笑顔と、鍛えられた抜群のスタイルがCMのイメージにぴったりだとチュ・ジンモが一躍有名になったCMだ。健康的な美しい体を持った「モムチャン」としても広く知られており、テコンドー公認3級、水泳、野球、スケート、乗馬など幅広くこなすスポーツマンでもある。

韓国有名デザイナー、ハ・ヨンスに見出され、韓国人初の「PRADA」誌面モデルを飾り、その淡麗な容姿で役者としてドラマ、映画で活躍。1999年に出演した映画『ハッピーエンド』で学生時代の同級生で初恋の相手だった既婚女性を一途に愛する男性を好演し、第37回 大鐘賞助演男優賞を受賞。その後、女優キム・ヒソンと共演した映画『ワニとジュナ』では、カリスマを脱ぎ捨てた純粋な姿、群を抜く演技力でファンたちを熱狂させ、映画界において確固たる地位を築いた。中国大陸1万キロを横断したともいわれる2001年大作時代劇『MUSA -武士-』では、中国の人気女優チャン・ツィイーや韓国映画界の重鎮アン・ソンギと共演。さらに2006年韓国の歴代映画興行成績で上位にランクキングした『カンナさん大成功です!』では、共演のキム・アジュンと共に大韓民国映画演技大賞ベストカップル賞を受賞。翌年2007年『愛』では青龍映画賞人気スター賞、2008年『霜花店』では最優秀主演男優賞を受け、その確かな演技力が高く評価される。2013年、中国へも本格的に進出。湖南TV放映34部作ドラマ「花非花霧非霧(ファビファムビム)」に主演予定。

今回チュ・ジンモが満を持して初の日本公式ファンクラブを設立。あわせて日本公式ファンクラブと連動してチュ・ジンモオフィシャルブログがアメーバブログで公開中。日本公式ファンクラブでは、随時ディナーショーの情報や限定グッズの情報なども更新していく予定という。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング