JVCケンウッド、ワイヤレススピーカー「YG-FA30HV」「YG-FA2HV」、“森・自然”を感じる空間を提案

2013.3.4 15:2配信
「YG-FA2HV」(左)、「YG-FA30HV」

JVCケンウッドは、“森・自然”を感じる空間提案をコンセプトとしたワイヤレスアクティブスピーカー「YG-FA30HV」「YG-FA2HV」を3月中旬に発売する。

「商品・サービスを通じて“森・自然の存在”を常に傍らに感じていられる空間を提案すること」をコンセプトとした「Forest Notes」シリーズ第一弾。日本の職人が国産栗材を使用して、伝統工法で仕上げた。キャビネットにエキサイターを搭載することで、キャビネット全体を振動させて音を奏でる。音響機器を感じさせない立方体のファニチャー・デザインで、“木々がつくり出す酸素の量”を表現。都会にいながら森を感じることができる「森への入り口」をイメージした。

新たな提案として、四季折々に刻々と表情を変える“リアルタイムの森の声”をネットワーク経由で楽しめる定額制の「Forest Notes ライブ配信サービス」をスタートする。森に設置したマイクからリアルタイムで届く“森の声”やアーカイブ音源を、都会のリビングやオフィスで24時間いつでも聴くことができる。ライブ配信サービスは、320kbps配信の高音質プランが月額980円、128kbps配信の標準プランが月額490円。加入月は無料で、翌月1日から有料になる。

「YG-FA30HV」は、最大出力1W+1W。サイズは幅310×高さ310×奥行き310mmで、重さは約4.0kg。「YG-FA2HV」は、最大出力1W。サイズは幅136×高さ136×奥行き136mmで、重さは約0.6kg。ともに、Bluetoothレシーバーや、リチウムイオンバッテリを搭載し、ワイヤレスで楽しめる。価格はオープンで、実勢価格は「YG-FA30HV」が32万円前後、「YG-FA2HV」が6万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング