ソニー、大容量のフラットタイプUSBポータブルバッテリ「CP-F10LSAVP」とスティックタイプの「CP-VLSVP」

2013.3.6 13:21配信
「CP-F10LSAVP」(左)と「CP-VLSVP」

ソニーは、USBポータブルバッテリの新製品として、スマートフォンとタブレット端末など2台同時に充電できる大容量のフラットタイプ「CP-F10LSAVP」と、コンパクトなスティックタイプ「CP-VLSVP」を4月20日に発売する。

「CP-F10LSAVP」は、10000mAhのリチウムポリマー電池を搭載し、スマートフォンを約4回充電できる。USB出力は最大5V/3.6A(2ポート合計)。出力ポートは2基で、スマートフォンとタブレット端末を2台同時に充電できる。

内蔵リチウムポリマー電池は、約1000回の繰り返し充電ができる。出力時間は連続約100分。充電時間は、USBポート使用時が約23時間、ACアダプタ使用時が約7時間。

アルミボディで、フラットな形状を採用。電池残量の目安を4段階の点滅回数で知らせるランプを搭載する。サイズは幅70.4×高さ130.6×奥行き16.5mmで、重さは約260g。価格はオープンで、実勢価格は9000円前後の見込み。

「CP-VLSVP」は、1400mAhのリチウムポリマー電池を搭載。USB出力は最大5V/1.0Aで、スマートフォンを約50%充電できる。

内蔵リチウムポリマー電池は、約500回の繰り返し充電ができる。出力時間は連続約40分で、充電時間は約3時間。

表面がフラットで背面は丸みのあるユニークな形状を採用。電池の残量を4段階の点滅回数で知らせるランプを備える。サイズは幅36.9×高さ121.0×奥行き15.9mmで、重さは約62g。カラーは、ブラック、ホワイト、ピンク、オレンジの4色。価格はオープンで、実勢価格は1700円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング