総務省と国立国会図書館、東日本大震災のデジタルデータを一元的に検索・活用できるポータルサイト

2013.3.7 15:44配信
「ひなぎく」のトップページ

総務省と国立国会図書館は、3月7日、東日本大震災に関するあらゆる記録・教訓を次の世代に伝え、被災地の復旧・復興事業、今後の防災・減災対策に役立てることを目的に、東日本大震災に関するデジタルデータを一元的に検索・活用できるポータルサイト「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)」を正式公開した。

東日本大震災に関連する音声・動画、写真、ウェブ情報などを包括的に検索できるポータルサイトで、昨年、試験公開していた。「Hybrid Infrastructure for National Archive of the Great East Japan Earthquake and Innovative Knowledge Utilization」の頭文字をとり、「ひなぎく」という愛称をつけた。また、ひなぎくの花言葉「未来」「希望」「あなたと同じ気持ちです」に、復興支援事業の趣旨を込めている。

大学、報道機関、検索サイトなどが収集している動画・写真や、神戸大学附属図書館震災文庫、国立国会図書館が所蔵する資料の検索ができる。検索対象資料・アーカイブは、総務省運用モデル実証事業・青森プロジェクト「あおもりデジタルアーカイブシステム」、日本放送協会「NHK東日本大震災アーカイブス」、総務省運用モデル実証事業・宮城河北新報プロジェクト河北新報「震災アーカイブ」、神戸大学附属図書館「神戸大学附属図書館震災文庫」、フジテレビジョン/フジニュースネットワーク「3.11 忘れない ~FNN東日本大震災アーカイブ~」、ハーバード大学「2011年東日本大震災デジタルアーカイブ」、総務省運用モデル実証事業・福島プロジェクト「東日本大震災アーカイブFukushima」、ヤフー「東日本大震災写真保存プロジェクト」、東北大学、総務省運用モデル実証事業・宮城東北大学プロジェクト「みちのく震録伝」、グーグル「未来へのキオク」、総務省運用モデル実証事業・岩手プロジェクト「陸前高田震災アーカイブNAVI」。

さらに、国立国会図書館が収集した国会原発事故調査委員会の映像や、被災自治体などの東日本大震災直後のホームページも閲覧できる。被災地の復旧・復興、今後の防災・減災に役立つように、今後は連携先を増やし、検索できる情報をより一層充実させる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング